上野動物園

今日、怪獣くんを、動物園にはじめて連れていきました。
絵本なんかに、よくゾウが出てくるのに、本物を見たことがないのでは、こちらも説明のしようがないというか、「ゾウだ~」という言葉にも力が入らないので、今回の主要な目的は、怪獣くんに、ゾウを見せること。
上野動物園は、入ってすぐにパンダとゾウなので、あっという間に目的達成でしたが…(笑)

たぶん、もうわかるはずとは思いながらも、やっぱり若干、「ちゃんと、わかるかなぁ?」と、心配だったのですが、怪獣くんは、それなりに動物園を楽しんだ様子。
ただ、彼の現在の動物ボキャブラリーは、「わんわん」「にゃ~ん」「ちゅんちゅん」だけなので、いろんな動物を見る度に、どれかをつぶやいているのには笑いました。

私自身、ひさびさの動物園だったのですが、昔とちがって、随分動物との距離が近くなり、自然を模した雰囲気の飼育施設になっていたことには、好感を持ちました。

ただ、上野動物園って、動物、少なくない?
動物の種類も少ない気がするし、一つ一つの種の飼育頭数って、あんなものかしら?キリンとか、シマウマとかって、もっと群でいるイメージだったんだけど…。なんか、一人きりか、せいぜい二人、みたいな動物が多かった気がします。

午前中に行ったのですが、休日は結構混むので、早めに行って、正門に近い方をしっかり見てから、奥を見に行く方がベターみたい。帰る頃になって、これから来る人もいるので、門に近い方は、午後、人口密度高くなって、帰りにゆっくり見るなんてことは不可能。

あと、園内のモノレールは、行きは乗る必要なし。
乗車時間一分少々のために、何十分も並ぶなんて馬鹿げている。っていうか、ゆっくり歩いていっても5分かからない感じ。地図見たら、遠そうに感じるけど、全然遠くないし、気持ちのいい散歩道です。
帰りのモノレールの方が、断然空いているので、どうしても乗りたければ、帰りに乗ったらいいと思う。
でも、行きを歩くと、帰り、乗るのが馬鹿馬鹿しくなって、歩こうと思うけど…。
[PR]
by yyunn | 2004-09-13 00:00 | 怪獣くんの成長


<< 授乳が終わったら… 電車男 >>