ようやく「ママ」

怪獣くんのボキャブラリーは、日に日に増えていくものの、肝心の「ママ」を教えるのを、最近まで、すっかり忘れていた。
っていうか、教えなくても、そのうちに言うようになるかと思っていたのよ。

が、ちっとも言う気配もないので、ここ三日間、寝てもさめても「まま、ママ、まま、よ~」と言い続け、「さぁ、言ってご覧?」と強要した結果、初めは何のことかも分からず、単に口まねで「ま・ま?」と言っていた怪獣くん、ついに「ママ~、まま~」と連発するようになった。

まだ、イマイチ、何で私が大喜びしているのか、つかめていないようでもあるが、彼が「まま~」とつぶやく度に、「は~い、ママよ~!」と、とびきりの笑顔で返事し続けたので、次第に、何のことか、わかりつつあるよう。
よしよし。ようやく、憧れの、ムーニーマンの宣伝の声(「ママ~」と甘えた声で呼び掛けるだけなんだけどね)に近づいてきて、母は嬉しいぞ。

ついでに、ことあるごとにキスしまくって、「ちゅ~」も教えたので、自分からしてくれるようにもなり、これまた、なかなか楽しい。朝、布団の上で寝ぼけていたら、既に絶好調の怪獣くんのキスで起こされた日は、なかなか感動的でした。

というわけで、怪獣くん、いまが可愛いさかりなのです。
昔に比べたら手は掛からなくなったし、大人の言うことは理解できるし、まだそれほど反抗的でもないし、憎まれ口はたたけないのに、可愛いことは言える。
素晴らしい!

あ~、あっという間に、可愛くない言動をするようになるんだろうなぁ。
っていうか、一日中、「ママ、ママ」言われるようになると、はじめて言ったときの感動なんて、吹き飛んで、うっとおしく感じるんだろうなぁ。
…なんて考えながらも、今は、可愛いぞ。怪獣くん♡
[PR]
by yyunn | 2004-09-17 22:06 | 怪獣くんの成長


<< 断乳秒読み 来年の手帳 >>