断乳その後

久々にオケタニに行ってきました。
オケタニ式の断乳では、断乳当日を1日目と数えて3日目、その1週間後、さらにその3週間後に、手技を受けて搾乳してもらうのですが、諸事情により、昨日「1週間後」の手技にようやく行きました。

9/19に断乳し、3日目の手技と搾乳後、ほとんど張ることもなかったのですが、次第にしこりのように部分的に固い部分が出来てきたので、ちょっとやばそうだと思って、9/26に固い部分が無くなるまで自分で搾乳。その後は、特に問題もなく、若干重たい感じはするものの、固くなったり張ったりすることもなかったので、てっきりもう大丈夫かな~と思って行ったのですが、搾乳してもらうと、まだまだ結構たっぷり出るのでビックリ。右は落ちついてきたのですが、良く出ていた左側は、未だ密かに製造中という感じでした。
う~ん。私の週末の楽しみである長湯は、まだ当分おあずけですね(身体が暖まると母乳の出が良くなってしまうから)。

怪獣くんの方は、一週間ほどで、口癖だった「おっぱい♪」を言わなくなり(うっかり言いかけた場合は誤魔化す)、朝までぐっすりよく眠るようになり、夜も電気が消えたら渋々寝る習慣がつきました。食事は今までの倍近く、もりもり食べて、心なしか体格ががっちりしてきた感じ。

私の方は、時々おっぱいをあげていた頃を懐かしく思い出すことはあるものの、はっきりいって、断乳後、楽になった~!!!
解放感にひたっております。

だって、授乳って、結構時間かかるんだもん。
断乳したおかげで、ご飯を作っているときに騒がれて遅くなることもなくなったし、出かける前にせがまれる心配がなくなって時間の逆算もしやすくなったし、寝かし付けの時に離してくれなくて困ることもないし、早朝授乳しているうちに、起きるはずだったのに二度寝することもなくなったし、なんだか一日が長くなった気がするくらいです。
さらに、外出先で「おっぱい♪」と洋服をめくられそうになって恥ずかしい思いをしたり、大泣きされて困ることもなくなり、外出しやすくなった上、授乳に時間をとられなくなった分、怪獣くんと遊ぶ時間も増えた気も(今思えば、授乳していたころは、授乳だけで疲れ果て、残された時間も少なく、それほどたくさん遊ぶ気になれなかった)。

断乳で、生活のリズムがつかみやすくなり、赤ちゃんに振り回されていた時代をちょっと通り抜け、幼児期に入ってきた、かな。
[PR]
by yyunn | 2004-10-02 22:50 | 怪獣くんの成長


<< 子をもつ女の仕事 朝仕事の幕引き >>