しまじろう

怪獣くん用の教材のダイレクトメールを読むのは、なかなか楽しい。
というか、私、もともとダイレクトメールを読むのが好き。
絶対買わないようなものでも、どうかんがえても関係ないようなものでも、思わず隅から隅まで読んでしまう。

そんななかでも、最近のヒットは、「こどもちゃれんじ ぷち」のDM。
教材見本というか、おまけが付いていて、これがなかなか良くできている。

1回目に来たものの中には、観音開きに折られた紙製いないいないばあ(キャラはもちろん、しまじろう)と、食べ物シールが入っており、しまじろうにシールを貼って、食べさせたり持たせたりもできる仕組み。

2回目に来たものの中には、ひよこの絵のページをめくれば、口の部分に穴の開いたひよこになり、付属のおにぎりのカードとトマトのカードを、ぱくっと食べさせられる仕組みのおもちゃが入っていた。

両方とも、薄い封筒の中に入って送られてくる位だから、とってもコンパクトで、最近、家事家計講習会の準備会などで、外出の多い私と、お供の怪獣くんに、ぴったり。
しまじろう自体は、あまり家にいて欲しくないキャラクター&色&素材なので、内容がいくら興味深くても買う気はないけど、これはなかなか便利。

ちなみに、「こどもちゃれんじ ぷち」のDMを気に入っている理由はもう一つあって、内容を紹介しているマンガが、その昔、「進研ゼミ」のDMに使われていたものに、サイズといい、紙といい、枚数といい、進行の仕方といい、とにかく酷似していて、懐かしくて、楽しくて、好きなのです(^^;)

進研ゼミのDMを真剣に読んでいた人は少ないかもしれませんが、たいていの人は、一度は受け取ったことがあるのでは?
部活と勉強の両立に悩む主人公が、進研ゼミで成績を上げた友人に触発され、入会して受験に成功し、バラ色の高校生活を送るまで…というのが、ストーリーのパターンなんだけど、毎回、なかなか上手なマンガにまとめられていて、私、結構好きだったんですよね。
(DMばっかり受け取っていた、ということは、その時にも実際には、やらなかったんだけど…)

で、「ぷち」の場合は、1歳の子持ちの夫婦が、先輩夫婦と3歳(だったかな?)の子供に触発され…と、まったく同じパターンで、一目見た瞬間に、懐かしー!とひとりで叫んでしまった(爆)
次は、どんなストーリーでくるのかなぁ、なんて、密かに楽しみだったりして。
[PR]
by yyunn | 2004-11-11 22:28 | 怪獣くんの成長


<< 元永定正の読み方 年齢別なんでも図鑑 >>