1歳6カ月健診

昨日は、保健所で1歳6カ月健診があり、行ってまいりました。

1歳6カ月健診は、身長体重の測定と、小児科医の診察の他、歯科検診、歩く様子を見る、積み木を積み上げさせる、絵を見せて物の名前を言って指させるか見る、という内容。

まぁ、歩くのは、泣いていようが機嫌が悪かろうが、たいていの子は、親から引き離されれば、必死になって親の方に逃げていくので、問題はないわけですが、積み木と絵が大変です。

積み木は得意な怪獣くん、2cm四方程度の小さい立方体の積み木を5個渡され、嬉しそうにさっさと積み上げてくれたので、よかったのですが、犬や猫や靴や車やりんごが書いた紙を見ても、全くやる気なし。紙を裏返したり、回してみたり。

というか、健診でそういうことをやるという予備知識が、私に全くなかったため、怪獣くんに、指さしなんて、ほとんどさせたことがない。うちの場合は、怪獣くんが指をさす絵を私が言うという順番オンリーで、私が言った絵を怪獣くんが指さすなんて、初体験。(耳とか身体の部分は指さしさせたりして遊んでいたけど、絵はねぇ…)

そんなわけで、怪獣くん、興味のある「ぶーぶー」だけは、かろうじて指さしたものの、割と好きな「わんわん」も「にゃんにゃん」も、スルー。あまり馴染みのないリンゴや靴は、完全無視。

別に、それでもよかったんだけど、一回家で予行練習させてから行けばよかったかなぁ、とちょっと思いました。
だって、怪獣くん、保健婦さんに対して、思いっきり「?」って顔してたんだもん。

これから行くみなさま、ご参考までに。
[PR]
by yyunn | 2004-11-18 23:10 | 怪獣くんの成長


<< 人それぞれ 10年日記 >>