フッ素

怪獣くん(1歳7カ月)は、未だに歯磨きの仕上げ磨きが嫌いである。
まぁ、自分で磨くのは好きだし、押さえつけて磨く間、泣きわめいているだけで、終わった瞬間に泣きやむし、根に持って歯ブラシ自体が嫌いになるわけでもないから、別段問題はないけれど。

そんな怪獣くん、歯磨き用のフッ素は気に入ったみたい。
先日、保健所で、スプレー式のフッ素「レノビーゴ」を、ごく軽く勧められ、フッ素の害なども知らないわけでもないけれど(まぁ、聞いてもあまり気にしないタイプ)、好奇心から絶対試してみたくなって、即、買ってみたのです(薬局で売っています)。

歯磨き粉みたいなものは全く入っていないので、うがいができなくても使えるらしく(というより、使った後はうがいをすると、効果が落ちる。ところが、怪獣くん、ぶくぶくうがいもできるようになったので、やりたがってややこしい。)、歯ブラシにスプレーして歯に塗るようにつかうだけなので、なかなか使いやすいのですが、これ、ちょっとレモン系の味がついていて。

どうも、この味が、怪獣くんのお気に召したよう。
この味が歯ブラシについているときだけ(おそらく数秒で薄まって消えてしまうんだけど)、妙に静かに磨かせてくれるし、自分で磨くときも、スプレーを指さして、つけてくれと言う始末。
で、そんなにつけるもんじゃないと断ったら、かえって泣かれたり。

我が家の歯磨きタイムは、相変わらず、騒々しいのでした。
[PR]
by yyunn | 2004-11-24 23:35 | 怪獣くんの成長


<< 「抱っこ」と「え~」の関係 人それぞれ >>