生協の講演会

先日、怪獣くんは、生協の託児デビューをした。

私の利用している生協の託児つきの講習会の託児は、1歳半からなので、怪獣くんが1歳半になった瞬間から、興味があって、かつ、行けそうな場所の講習会には申し込んできたのだが、なにぶんにも、生協の託児は人数が少ない。一回6人とか。
そんなわけで、「今回は残念ながら…」と抽選もれすること数回。

ならば、人気のなさそうな固めの内容の講習会ならどうだ?と思ったら、あっさりOKでした。
というか、託児を申し込んだ人、私だけで、怪獣くんは、託児ルームを独りじめ。
しかも、生協の託児は利用料無料で、得した気分。

怪獣くんは、友の会で託児慣れしているので、非常にご機嫌で、遊んでくれていたようです。
うーん、何かの時のためにも、日頃から、あちこちの託児に預けて、慣らしておくのは、お互いのためによいことかも。

ところで、平和学習会という名前でしたが、「安心のファシズム―支配されたがる人びと」を書いた斎藤 貴男の講演会で、非常に内容も興味深く、面白かったので、もっとたくさんの人が聞きに来れば良かったのに、と思いました。
なかなか斬新な切り口で、久々に大学時代の講義を懐かしく思い出す雰囲気でした。
機会があれば、本を読むなり、講演を聴きに行ってみてください。おすすめです。
[PR]
by yyunn | 2004-12-18 16:25 | 怪獣くんの成長


<< 年末年始 足湯 >>