幼児食講習会

本日は、近所の保健所で1~1歳半の子供対象の幼児食講習会があり、参加してきました。この手の講習会は、たいてい申し込み順で、区報で発見したら朝一で電話しないと、すぐ満席になり、今まで何度も逃してきたので、空きがあった今回、私はわくわくして出かけました。

最近、怪獣くんは、食事中に口をへの字にして拒否したり、べーっと出したり、投げたり、もう無茶苦茶で、飼育食事係の私は、ほとほと困り果てて、相当にストレスがたまっていたのですが、保健所というのは、誠にありがたい場所で、今日の講習会で、随分と参考になる情報を入手することができました。丁寧な冊子ももらえて、試食もあって、無料だなんて、ステキ。税金が活きていると感じる瞬間です。

ちなみに、一番のヒットは、意外にも、試食のミニおにぎり。朝食をほとんど食べなかった怪獣くんが、ぱくぱく食べる…。ミニおにぎりが離乳食メニューに存在することは、本などで見知っていたものの、ミニっていっても、どれくらいの大きさか、全くわかっていなかった私。今日、「チーズキャンディくらい」といわれ、納得。一口サイズで、ぱくっと口に入れられて、自分で食べたい怪獣くんも満足。周囲も汚れなくてブラボー。実は、作り方も、いまいちわかっていなかったけど、単にラップにのせて、くるくるひねってボール状にするだけだったのね。普通のおにぎりのように、素手でやろうと考えていた私が馬鹿だった…。しかも、あらかじめ作っておく必要もなく、食べてる横で、くるくるひとつづつ作っていればいいのだから、毎日でもできそう。

コップの練習方法も、目からウロコ。手を添えてごくごく飲ませていたものの、時々、一度口に入ったはずの水が、いっきに、どばーっとでてきて、着替える羽目になってしまい困っていたのだけど、そもそも、介助して飲ませるときは、一口飲ませては離すのが正しいやり方だとか。さっそく試してみて、納得。怪獣くんは、今日から、母乳以外の液体摂取はコップになりました。

その昔、怪獣くんがお腹に入っていた頃の母親学級も、なかなか楽しかったのですが、生まれてからのこういう講習会って、ホント役に立つ。同じ月齢の子供の様子も見られて参考になるし、顔見知りもできるし。ぜひ、もっと充実させていただきたいな~と思う今日このごろ。だって、こういうことって、本にも載っていないか、見てもわかりにくい。ちょっとしたコツを知る機会って、核家族の密室育児では、なかなかないんだもんな~。非常に有意義な1時間半でした。管理栄養士さん、ありがとう。
[PR]
by yyunn | 2004-04-22 17:10 | 怪獣くんの成長


<< 火の鳥 産婦人科のお誕生日会 >>