絵本のブッククラブ

私は、もともと絵本好き。で、怪獣くんにも絵本に親しんでもらいたい。というより、怪獣くんの存在にかこつけて、絵本を買いたい。


生後間もなくから一年間は、出産祝いに頂いた月刊絵本一年分(福音館の「こどものとも0・1・2」)が届いていたので、ありがたく親子で楽しませていただいた。保健所でやっている手遊びの会の指導員も大絶賛の、福音館の新作月刊絵本もいいのだが(ボードブックで丈夫だし、お手ごろ価格だし、バラエティー豊かだし)、とりあえず、一年分12冊あるので、継続するのはやめることにした。


が、この一年で、毎月絵本が届く生活の楽しさを知ってしまった。


私の母も絵本好きで、私も小さい頃から、たくさんの絵本(特に外国の絵のきれいなもの中心)に囲まれて育ち、確かによく読んだのだけれど、なんだか最初からいっぱいあると、ありがたみが薄れるような、愛着がわかない気もする。その点、毎月2冊程度なら、その絵本に浸りきることが出来るので、とても楽しい。


さらには、毎回、問答無用で届くので、自分では絶対に選ばないような絵本が届くことも多々あって、それがとってもよいことが、この一年で、よくわかった。ちびこいながらも怪獣くんにも、自分の趣味があり、お気に入りがあるのだが、それは、必ずしも私とは一致しない。それに、絵本というのは、それこそ星の数ほど出版されているので、その中から、年齢や興味に応じた本を選び出すのは、なかなか大変。適切なタイミングで、適当な内容の本を手渡して、心の栄養としていくことって大切だと思うけれど、全く経験のない私に、それができるとは到底思えない。


そんなわけで、毎月絵本が届いて、しかも、それが年齢に応じて適切にセレクトされているようなブッククラブはないものか?と探していた。結構いろいろな会社がやっていて、どれがいいのか迷っていたのだが、行きつけの小児科の待合室に、童話館のブッククラブ童話館のブッククラブのパンフレットと絵本がおいてあり、高熱の怪獣くんを抱きながら、ついつい次々読んでいった結果、「これだ!」ということになり、先月から、会員になりました。

特に、私が心惹かれて、決定打となったのはおちゃのじかんにきたとらという絵本。私も、相当な数の絵本を見てきましたが、これ、かなり上質。絵も良い(絵は、童話館のホームページに出ています)、話しもよい。童話館ブッククラブの子供の評判も相当によいらしい。今、怪獣くんは、小さいいちごコース(1~2歳向け)なので、大きいくるみコース(4~5歳向け)のこの本を読むことはないけれど、これを読む頃まで続けたいな、と思う。


で、今日が、第二回の配本だったのです。やっぱり自分ではえらばなさそうな、でも、なかなか興味深い本でした。猫好きの怪獣くんは、早くも気に入った様子。
[PR]
by yyunn | 2004-05-12 23:17 | 怪獣くんの成長


<< 人まね怪獣 やっぱり幻想に終わった(手をつ... >>