カメラが好き

うちの怪獣くんは、カメラが大好き。デジカメでもフィルムカメラでも、ビデオカメラでも、とにかくカメラと名のつくものを向けられれば、常に、カメラ視線で笑顔になる。


以前に、泣きわめいてひっくりがえっている姿をビデオにおさめようとして、失敗した。カメラを向けたとたんに、しっかりばっちり笑顔なのだ。私は、泣いている顔が撮りたかったのだよ…。


しかも、はいはいできるようになって、移動の自由を獲得してからというもの、カメラを向けると、ずんずんカメラにせまってくるので、ちっともピントが合わない。こそっと隠し撮りしようとしても、動きが早すぎて、ぶれた写真ばっかり。



私は、歩く直前の頃の赤ちゃんが一番好きで、早くうちの怪獣くんも、あのころころまるまるした幸せそうな感じにならないかと、楽しみに待っていた。だから、今、写真をたくさんとりたいのに…ちっとも、撮れない。

ひたすらシャッターを切るものの、シャッターを押した瞬間にはもう画面からいなくなっているのが4割。ぶれてるのが3割。目をつぶっているのが2割で、まともに見られるのは、1割程度。そのなかから、写りのいいものを…っていったって、ろくにない。


「ならば、動画だ!」と思っても、ビデオカメラで遊んでいるところを撮っていたはずが、はっと振り返えり、「見ぃ~つけた」という満面の笑みを浮かべ、全速力でこちらにハイハイダッシュをかけてくるシーンばかり。ううう。難しい。


なにか、良いアイデア、ないでしょうか?

[PR]
by yyunn | 2004-02-22 13:43 | 怪獣くんの成長


<< 月曜日は掃除機ディ 合い物? >>