抱っこ紐マニア

スリングの話を書いていて、思い出したのだが、うちには抱っこ紐が本当にたくさんある。抱っこ紐には、使いやすさと使い分けとがあって、家で使うなら身体に負担がかからないものがベストだし、外出するときは小さくなる方がいい。さらには、どっちにしろ、抱っこするときに、面倒な手順がなく、あちこちとめたりする必要がないものが、結局は一番使いやすくて、大がかりなものは、すぐに使わなくなる。

抱っこ紐は、個人の使用感に結構差があるのだけれど、使いやすいものは、案外一致するものなので、ここで、だーっと書いてみよう。

まず、アップリカのズッコオム。4WAYかなんかだったのだが、あちこちとめるのが面倒で、数えるほどしか使っていない。力が分散して楽…なんてメーカーはうたっているが、リュックのような形なので、肩と首にかなり負担がかかる。ただ、新生児はやっぱり横抱きにして抱いていたかったので、それなりには役に立ったが、お薦めできない。

ダコビー。たたんでもあんまり小さくはならないが、長時間抱いていても、それほどしんどくならず、かつ首さえ座ってしまえば使えるので、随分前から今まで、活用頻度が高い。何よりも、腰でバックルを留めるだけの手軽さがよい。ジーンズダコビーがどんな洋服にも合うのでおすすめ。

トンガ。たためばすごく小さいので、ベビーカーでの外出時に便利。抱かなくてはならなくなったときに、あれば助かる。ただ、ダコビーほど楽ではないので、長時間の抱っこは辛い。荷物が多くなってもいい場合は、ダコビーを持っていく。荷物が少ない方がいい時はこれ。ただ、スリングを使ったことのある人でないと、上手に使えないかもしれない。

ベビービヨルン。友人に借りたのだが、これは便利。抱っこ紐の中ではピカイチの使いやすさと疲れにくさ。両手を離せてとっても便利だし、すべての調節が前で出来る。さらには、デザインも色もおしゃれで、男の人が使っていても違和感がない。雨の日の外出など、重宝した。難点を言えば、新生児を縦抱きにすることに若干不安が残ることと、体重制限があって10カ月くらいまでしか使えないこと。

フェリシモ型。紐をバツの形にして縫い合わせたようなもの。フェリシモやなんかでも売っているが、手作りの本にもよく載っている。母が作ってくれたのだが、これもコンパクトで結構使いやすい。

昔ながらのおんぶ紐。胸元が目立ちすぎて外には出たくないが、家では便利。抱っこでは出来ない用事(炒めものとか)ができるので、泣きわめいている中で家事をしなければならない時などの非常手段としては、それなりに便利。でも、かなり腰と肩に来る。

スリング。家では一番活躍している。これで抱くと重くない。ぐずっていても、なぜかおとなしくなる魔法の袋。ただ、かなりかさばるので、外出時には邪魔。

う~。こう書いていると、結構ありますね、やっぱり。ウエストポーチ型はないけど。ひとつだけ買うとしたら、使い道の多さと疲れにくさから言えばベビービヨルンかな。長い間使えることを考えるなら、ダコビー。家では、断然スリング。
[PR]
by yyunn | 2004-05-22 15:33 | お買い物情報あり


<< ダンヒル! スリング >>