絵本の遊び方

絵本が好きな私は、割と小さいうちから、怪獣くんにも絵本を見せて、反応を楽しんでいる。驚いたことに、3カ月くらいの赤ちゃんでも、絵本に関心を示し、読んであげると、じっと聞いていたりする。特に、ゼロ歳児向けの絵本は、やっぱりウケがいいので、やっぱり考えて出版されているんだなぁ、なんて感心する。出産祝いに、福音館の月刊絵本「こどものとも0・1・2」を一年分いただいたのだが、ボードブックになっているので、多少無茶な扱いをしても壊れないし、角が丸くて危なくないし、重宝している(すごくおすすめ!!)。ただ、小さいながらに好き嫌いがあるようで、一般的に赤ちゃんにウケると言われている本の中でも、うちの子にはウケないのもある(谷川俊太郎の「もこもこもこ」はうちではウケない。でも、安西水丸の「がたんごとんがたんごとん」はウケる)。

うちでは、絵本を怪獣くんが出し入れできる場所に、無造作に立てかけてある。以前、子供用の絵本がたくさんある児童館のような場所に連れていったときに、本当に嬉しそうに、ばさばさと本棚から本を取りだしているのを見て、そんなに面白いのなら、遊び道具に提供しようと、諦めたからだ。「もしかしたら、びりびりに破るんじゃないかな~」という心配は杞憂に終わり、古雑誌や広告は破るのに、絵本は、たまに、めくるのを失敗したときに破れてしまうことがあるくらいで、毎日、何度も、ばさばさ出して、喜んでいる。

ごくまれに、紙で手を切ってしまうことがあって、「やっぱりボードブック以外は、手の届かないところに…」とも思ったが、広告で遊ぶのだから、すべての危険を遠ざけることもできないと、多少の怪我は気にしないことにした。そう思えるくらいに、一心不乱に本をひっぱりだしているし、出してきた絵本をかじったり、めくったり、楽しそうだから。

本格的に絵に興味を示して、ひとりでじっと見てめくって…ということを、頻繁にやりだしたのは9カ月あたりからだったけれど、それ以前にも、立体的な絵を見て、つかもうとして紙面をがりがりやっていたり、なかなか楽しませて貰った。自由に動けるようになってからは、おとなしく最後まで聞いているようなことは少なくなったが(途中で、興味がそれる)、本の楽しみ方は、読んだり、読んで貰ったり、というだけでなくてもいいんじゃないかと思う。かじったり、めくったり、ふってみたり、ひっぱったり、床の上を押してすべらせて遊んだり、というのも、アリかな、と。そんな遊び方の中でも、絵をじっと見つめていたり、触っていたりする瞬間があるんだから、作家の方々も許してくれるだろうと思う。
[PR]
by yyunn | 2004-03-01 00:00 | 怪獣くんの成長


<< 罪悪感 杉人間 >>