0歳児クラス

「保育園に預けたかったら、四月に生むに限る」とどこかで聞いたことがあったものの、その理由がよくわからなかったのだが、ひょんなことから謎が解けた。

先日、保育園の開放日に怪獣くんを連れていこうと、保育園に予約の電話を入れたとき、彼の生年月日を聞かれ、平成15年の4月生まれだというと、「じゃあ、0歳児クラスですね~♪」と言われ、「え?もう、一歳になってますけど…?」と、思わず突っ込むと、保育園のクラス分けでは、学年単位のため、まだ0歳児クラスだと言われた。

なるほど、怪獣くんの同学年のほとんどは、確かにまだ0歳。平成16年の4月1日生まれの子は、まだ0歳2カ月のはずだから、クラスの名称としては、ゼロ歳児クラスというより他ないだろう。

で、保育園の募集は、クラスごとに定員が決められており、たいてい0歳児クラスには空きがあるものの、1歳児や2歳児クラスには、空きがない。
だいたい一年くらいは自分で育てた後で、そろそろ復帰しようかな~と考えるのは、みんな同じだろうから、そりゃそうだろうとも思うのだが、怪獣くんのように4月生まれの場合は、0歳児クラスに入れる期間が長く、1歳を過ぎても、一年近くの長きにわたって0歳児扱い。逆に、3月生まれだと、誕生日の直後に、すぐに1歳児クラスになってしまうため、預ける親にしたら、ゆっくりと考えている余裕はなく、とにかく入りやすい0歳児クラスのうちに、預けてしまわないと、公立保育園に入れる見込みはない。

なるほどねぇ。こういう理由から、4月生まれが、保育園入園には有利なのか。なんとなく、不公平な感じしますよねぇ?早急に、待機児童ゼロが実現され、こういう不公平感も無くなればいいなぁ。
[PR]
by yyunn | 2004-06-18 22:28 | 怪獣くんの成長


<< 網戸は開けないで~! 語彙 >>