おっぱい

母乳で育った10カ月の子供の前で、「ほれほれ、これ」と、おっぱいを見せると、とたんに目の色が変わり、くわっと大口をあけて、かぶりついてくる。その時の、怪獣くんの顔って、全部口に見える。

それが面白くて、つい、普通に飲ませるのではなく、おもむろに、ぱっとめくって見せたりして。自分でも、ばっかなことやってるな~と思いながら。

最近、離乳食が進んできたので、一日中おっぱいをやっていた頃に比べたら、随分飲む回数が減ってきた。歯が生えてきたので、かまれたら本気で痛いし、私は多少負担に感じているので、今のところは、一歳の前半で、うまく誘導して卒乳させたいと思っている。だから、もうすぐこの大きな口を開けた顔とも、さよならだ。

ちょっと寂しくもあり、生まれて間もない頃から今まで飲ませ続けてきた毎日を思い出して感慨深くもあり、やれやれという気持ちもあり。とにかく、あと少しの期間、がんばろう。
[PR]
by yyunn | 2004-03-07 16:37 | 怪獣くんの成長


<< 傷心の母 雛人形を片づける >>