トイレはワンダーランド

最近、怪獣くんは、後追いが激しいので、ちょっと他の部屋に物を取りに行っただけでも泣く。さらに、あちこちの戸や引き出しが開けられるようになり、チャイルドロックは器用にはずすので、あまり役に立たない。そんなわけで、トイレの中にまで、連れていく。

怪獣くんにとって、トイレは面白い物が一杯だ。普段見ない色のスリッパがある。めくってみたくなるような敷物がある。トイレットペーパーがある。蓋の開け閉めは楽しそう。さらには、開けた中では水が流れる。

大人にとっては、なければ困ると言うだけで、別段思い入れのない空間が、彼にとっては、遊園地なみに楽しい場所。連れていくと、目がきらきら。でも、水があって危険なため、すぐに連れ出します。溺れないまでも、うっかりしていると、トイレットペーパー一本やられてしまうし。

きのう、「おいでー!」と先にトイレから出て呼びつつ、一瞬考え事をしているすきに、やられました。ん?「からからからから」って?と気づいた瞬間には、床にペーパーの山。あーあ。注意してるつもりなんだけど、ふっと気が抜ける瞬間があるわ。
[PR]
by yyunn | 2004-03-08 22:56 | 怪獣くんの成長


<< たい焼き 2 傷心の母 >>