自発的健康生活

怪獣くんは、ここのところ、悪役怪獣に変貌を遂げつつあり、飼育係の私は、はっきりいって、お手上げ。今までは、ダメだと言い渡したことは、しおらしく聞こうという姿勢があったのだが、最近、自分の希望が叶えられないと、手当たり次第に、ものを投げる。食べ物も。しかも、悪いことだとわかっていて、わざとする。

これまで、食べ物が空中を舞っても、自制心を保っていられたのは、まだ、不器用な成長途中の運動神経だから、うっかりこぼすこともあるし、反射的に手を振り回してしまうこともあるだろう、ということが見て取れたからだ、ということに、今さら思い当たる。
明らかに悪意を持った行動って、思わず、真剣に腹立つ…。

「だめだ。これから更に自我が発達し、反抗的態度もエスカレートしていくのは必至なのだから、この程度のことで、いちいち反応していては大人げない」、と思い直し、とりあえず、成長しているんだなぁ、と思いつつ、自制心を取り戻したが、先が思いやられる。

なんて、思っていたら、怪獣くんが、突然、夜8時前には、眠くてぐずるようになって、びっくり。私はアバウトなもので、一応、8時就寝を目指してはいたものの、8時に寝かせるためには、6時夕食、7時入浴でなくては、到底間に合わず、しかもそのためには、4時には夕食を作り始める勢いが必要で(途中で邪魔されながらなので時間がかかる)、それって、結構覚悟がいるため、実は、本気でやる気はあまりなく、ずるずると時間が押してしまって、まぁ9時に寝られたらいいや、という気でいた。

怪獣くんは、こりゃーやる気無いな、ということを見抜いたんだろうか?はたまた、「僕は、いい子になるんだ」と思っているのか?
もしくは、親に任せてたら、成長に支障を来すと悟ったか、突如、夕食を食べたか否か、風呂に入った否かに関わらず、7時30分あたりから、眠そうに機嫌悪くなってくるようになり、仕方がないから、私は、どうにか彼が寝てしまうまでに間に合わせるために、やる気の無かった理想的生活を送らざるを得なくなってしまった。

うーん。彼を妊娠して以来、あちこちで栄養の勉強をする羽目になり、食生活は改善されるわ、太陽が嫌いだったのに、散歩や水遊びはしなきゃならないわ、手早くこまめに家事をするのは上手になるわ、昼間からだらだらパソコンで遊ぶことは出来なくなるわ、私の生活は一変したけれど、まだ来るか。

怪獣くんのおかげで、どんどん人間らしい生活になる私。
悪役怪獣くん、とても役に立つのです。なにしろ、ものすごい強制力(ひっくりかえって泣きわめくのを避けるために、なんでもする)だから、嫌でも生活変わります。彼の成長は、やはり喜ぶべきですね。っていうか、自堕落な私には、子育てが必要だったのね…。
[PR]
by yyunn | 2004-07-08 23:38 | 怪獣くんの成長


<< プール熱もどき D70 >>