プール熱もどき

今朝、起きると、怪獣くんの体がやたら熱いので、計ったら、39.4℃。元気だし、食欲もあるものの、明日は日曜日なので、念のため、かかりつけの小児科へ。

で、見て貰った結果、のどが広い範囲で腫れているので、アデノウイルスか何かでしょう、ということでした。アデノウイルスの発熱で有名なのは、プール熱なのですが、のどの腫れだけでなく、目も赤くなるという典型的な症状が出るものだけを、プール熱と呼ぶそうで。同じウイルスでも、症状の出方は、いろいろだということでした。そんなわけで、まぁ、乳幼児の夏風邪で有名な、プール熱もどき、といったところです。

のどの腫れがある場合は、中耳炎を併発することがあるので、その予防のために、抗生剤を三日分処方して貰って帰ってきました。アデノウイルスの場合も、相変わらず、抗ウイルス薬のような、ウイルス性の風邪自体に効く薬がないので、親が出来るのは、せいぜい薄着をさせて、氷で冷やし、まめに水分補給をさせる程度。

でも、まだ身体が小さいので、冷やすって言っても、なかなか難しいのです。以前に病院で聞いたのは、紙おむつに氷をつつんだものを使うという手。水も漏れないし、適度なクッションもあり、タオルで包む手間もないので、いいと思ったんですが、どうも、怪獣くんは嫌いみたい。で、今回は、よくケーキなどに入れてもらえる小さい保冷材を、私の靴下に入れて使うという手。そのままだと冷たすぎるし、タオルだとはずれるし…と思っていたときに、ふと思いついたのですが、これはなかなかいい感じでした。

ちなみに、粉薬を飲ませる場合、この前は、面白そうだったので、幼児用の液体オブラート(ゼリーみたいなもの)を使いましたが、買っても一本使い切る前に治るに決まっているので、さっきは水で練る、という手を使いましたが、いまいち不評。今日、苺ジャムやバニラアイスやプリンなんかに混ぜるのもよいと聞いたから、明日は、それを試してみる予定。
[PR]
by yyunn | 2004-07-10 23:11 | 怪獣くんの成長


<< 貼るせき止め 自発的健康生活 >>