スリッパに興味を持つ

怪獣くんは、ある日突然、大人のはいているスリッパがなんだか素敵だ♪と思ったのか、急にスリッパが履きたくて仕方がない様子。私のはいているスリッパを脱がせてまで、片方の足を入れてみて、ちょっと満足げに歩こうとしていたので、小さいスリッパを買うことにした。

で、一昨日、プーさんの顔がついた派手な18cmのスリッパ(これが一番小さかった)を買って渡すと、さっそく履こうと頑張って、片足だけつっかけて自慢げに歩いたりしていたのだが、ようやく昨日、自分のスリッパを両足とも履いて、ぱたぱた歩けるようになった。

やれやれ、これで私のスリッパは安泰だ…と思ったのも束の間、今日には、自分のスリッパには興味を失っており、やっぱり隙あらば私のスリッパを奪っていくので、私は今、一日中、あれ?片方どこいった?と探している。

どうも、子供用のスリッパは履き口がせまく軽いため、足を入れようとすると動いてしまい、なかなか上手く履けずに苛つくようで、大人用のスリッパなら、重さもあり、安定して足を入れられて、気に入っているみたい。私が必死の攻防を繰り広げるため、ついに諦めて、客用スリッパを荒らしに行っていたけれど、履き古したスリッパの方が、当然履きやすく、また戻ってくる。

さらには、靴を履いてベランダで遊んでいるときも、ふと気づけば、つっかけに足を入れて、どこかに持ち去って行く。汚れちゃうし、遠くに行っちゃってるし、かなり困るんだけど。

う~ん。どうしたものか。
[PR]
by yyunn | 2004-07-27 21:59 | 怪獣くんの成長


<< ローズヒップティー モロヘイヤ >>