ベビーシャンプーついになくなる

怪獣くんが生まれる前から用意されていた、ピジョンのベビーシャンプーのボトル。
ベビーバスに入っていた生後1カ月間くらいは、ベビーソープで全身洗っていたけれど、それ以降は、ずっとそのボトルを使っていたのだが、ちっとも無くならなかった。

一歳の誕生日を過ぎたころから、いつ無くなるのか?と気になりだし、まだかまだかと思っていたので、やっと無くなったか、という気分。正直、まさか、こんなに持つとは思いませんでした。

そもそも、我が家は石鹸シャンプー派で、ベビー用のシャンプーなんかよりも、大人が使っている石鹸の方が、添加物が少なく、よっぽど肌にやさしいのは明白なのだが、なぜピジョンのシャンプーをつかっていたかと言えば、それは怪獣くんの祖母、私の母のせい。


必要最小限の出産準備でよいと考え、どう考えても邪魔に違いないベビーバスもいらないと言う私に、私の母は一言、「ねぇ…安いものなんだから、私の孫に買って上げてよ…」。
消耗品を買うのを手伝って貰ったときも、「やっぱり、赤ちゃん用は、考えて作ってあるに違いないから、買ってあげてよ」と。

いくら初孫だからといっても、あまりのバババカぶりに反対する気力も失せ、まぁ、そんなに皮膚の弱い子が生まれてくるわけでもないだろうと、半ば親孝行のために購入し、せっかくあるのだからと使いはじめて、怪獣くんは今1歳3カ月。長持ちしました。

はっきりいって、こんなに容量が必要なのだろうか?かなり疑問ではあります。
これで、詰替用なんて入れた日には、いったいいつまで使うことになるのか???
幸い、詰替用まで買っていなかったので、もう、ベビーシャンプーとはおさらばです。

風呂場のボトルは少ない方がすっきりするので、ちょっと嬉しい。
でも、もう、ベビーじゃなくなっていくんだなぁ。
[PR]
by yyunn | 2004-07-31 00:32 | 怪獣くんの成長


<< 怪獣くん飛行機に乗る アルフィの卓上ポット >>