オリンピックを見ていて気になったこと

アテネオリンピック、終わりましたね。

もともとスポーツにそれほど関心がなく、その上、何でも、見るよりも自分がする方が好きな私ですが、まぁ、4年に一度、普段目にしないような種目を、普通のテレビ番組で長々と見られるので、それなりに物珍しく、ロシアのシンクロナイズトスイミングや、アメリカの体操(床)を見て、純粋に「すごい!人間業とは思えない!」と思ったり(別に、自分の所属する国に何の思い入れもないため、日本を応援する気はさらさらないのだった…っていうか、完全に「観賞」していたため、順位自体に関心がないのです。)、次々行われるインタビューを見て楽しんだり(私は、テレビ番組ではインタビュー番組というものが、一番好き。どういう背景を持って、どう考えているのかを聞くのは、すごく有意義。)したわけです。

ただ、ぼんやり見ていて気になったのは、監督やコーチの中に、練習中、選手に暴言を吐くタイプの人がいるということ。
例えば、シンクロの日本代表のヘッドコーチ(?)。動きがずれたら、そのことだけ指摘すればよいようなものなのに、「なにやってんの!」とか、不要な一言が混じる。愛があればいいとか、目的のためには手段は選ばないとか、そういうつもりなんだろうけど、聞いていて不快。

選手がそれを聞いて発奮するからって?
バカにしないでよ、と思う。そのような劣情から生まれるもので、本当に最後の最後に勝てるわけがない。他人にバカにされないためにした努力と、何の強制もない中で真に自分からした努力となら、どちらが強い力になるのか、わかりそうなものだ。

そもそも、オリンピックに出るのは選手の方で、選手たちのために雇われている人間が、選手の人格を踏みにじるようなことをしていいのか。っていうよりも、そんなことも関係なく、他人のことをあんな風に罵倒していいなんて場面、現代では存在しないはず。ああいうのって、戦前の軍隊で、終わりにして欲しい。
例えば、欧米で、ああいう風な光景ってあるんだろうか?

それにしても、シンクロで金メダルをとったロシアって、どういう練習しているんだろう??
日本だって、打倒ロシアのための練習をしてきているはずなのに、あの芸術性、同調性には、到底及ばない感じ。素人目にも、ロシアの方が断然きれいだった。他を寄せつけない秘密は、どこにあるのだろう?不思議だわ。
[PR]
by yyunn | 2004-08-30 22:26 | 徒然なるままに


<< 道具を使う コスメ・フリーク >>