カテゴリ:お買い物情報あり( 19 )

防滴CDプレイヤー

a0004799_2313356.jpg

以前から、台所にCDプレイヤーが欲しいと思って、探していたのですが、今日、ようやくI.D.E.A. LABEL防滴CDプレイヤー(ホワイト)を見つけ、買いました。

使う場所が台所なので、油や水が飛んでも大丈夫なもので(換気扇をしていても、微量の油とかが空気中に飛んでるから、ふき取れる構造じゃないとね。)、場所をとらず(ただでさえ、モノがあふれがちで台所は狭い。)、デザインがキッチンになじむもので(毎日何度も使う場所なので、あんまりな色やデザインではちょっと…。)かつ、音量調節が簡単なもの(換気扇を回しだすと聞こえにくくなるので、こまめに音量調節したい。手持ちの携帯プレイヤーを入れてしまうだけのケース状スピーカーのような商品では、いちいち開けなきゃいけないので、安さには惹かれたものの断念。)という条件にピッタリ。しかも、コンパクトながら、プログラムプレイや、アラーム、ラジオにも対応していて、大満足。

今までは、居間のテレビを覗きつつ、でも水や火を使いだすと音が聞こえなくなる…というジレンマがあり、耳が暇だよな~と思いながら料理していたのですが、これからは、楽しく英語でも勉強しながら、料理する予定。

自分自身への、ちょっと早めのクリスマスプレゼント(…のひとつ?)。

イデア 防滴CDプレーヤー←東急ハンズ通販倶楽部
防滴CDプレーヤー/ホワイトバス 防水 CDプレーヤー←インテリア&雑貨ショップ デフィ
[PR]
by yyunn | 2004-12-09 23:23 | お買い物情報あり

小沢健二

オザケンを読んで、そこから野菜生活SoftのCMを見て(私はほとんどテレビを見ないので、テレビCMは見たことがないのですが)、思わず、小沢健二の『LIFE』を買ってしまった。
1994年に発売されたアルバムなんだけど。

「愛し愛されて生きるのさ」とか、「今夜はブギー・バック」とか、一番ラジオを聞いていた時代の曲なので非常に懐かしかった。
昔から、割と好きだったのに、なんでアルバム買ってなかったのかなぁ。
…あのころは、もっと重い曲を求めてたからか。

それにしても、アマゾンのレビューで、みんながみんな大絶賛のこのアルバム。ホントによい出来です。
今聞いても、全く古さ、感じませんね。ま、だから10年後にもCMソングに使われるんでしょうけど。

私は、昔からポップスは、歌詞はほとんど聞かないで、メロディとベースとパーカッション、コード進行、およびボーカルの声の伸びだけを重視するので、全く歌詞を知らなかったのですが、「言葉、だ」と絶賛される意味が、今回アルバムを買ってよくわかりました。
素人が気取って書いたようなレベルの詞ではない、詩になっている詞だったんですね。天才を感じました。
さらに、曲と歌詞との関連も、なかなか。曲自体も良くできていますが、このアルバムの中に納められている曲のバジャンルというか、バリエーションの広さも、良い感じ。アルバムとしての完成度、高いです。

しばらくは、元気のでないときの定番ソング、家事のお供のアルバムになりそう。
っていうか、割と耳馴染みのいい曲ばかりなので、最近、頭の中で、一日中、歌が回っている…。

こうなると、気になってくるのは、1998年1月の活動休止以来4年ぶりに出たアルバムEclectic。賛否両論だし。でも、これにしたって、2002年2月発売のアルバムだよ…。古いCDばかりかってどうする?
でも、アマゾンマーケットプレイス(アマゾンの中古仲介市場。新品と同じページからアクセスできます。)に1000円で出てるなぁ…。
[PR]
by yyunn | 2004-10-07 22:56 | お買い物情報あり

LIKE a BIKE

久しぶりに、一目惚れ。
これ、欲しい。

a0004799_2261297.jpg
LIKE a BIKE・スポーキー

2歳から6歳くらいまで乗れるらしい。チェーンやペダルのないハンドルが切りすぎないような設計になっている自転車のような感じの乗物で、同じシリーズのマウンテンは、2003年ドイツ玩具デザイン賞受賞。
なにしろ格好いい。楽しそう。

でも、親の好みはともかくとして、怪獣くんは、三輪車とか、足で地面を蹴るタイプの乗物とか、足でペダルをこぐタイプの自動車とか、そういうのの方が好きかもなぁ。
っていうか、何が必要で、何が不必要?
夫に聞いたら、なんと、すべてのタイプを所有していた記憶があるらしい。
私にしても、ほぼ同様。

う~ん、子どもとしては、それぞれ別の魅力があり、どれも面白かった覚えがあるけれど、親としては、全部は買いたくないぞ…。
しかし、どうせ全部を買うのならば、早いうちに買って、遊び倒すというのも手か…?
いや、やはり収納場所が…。

悩んでいるうちに、あっという間にクリスマスが来そうですね。
[PR]
by yyunn | 2004-10-07 22:15 | お買い物情報あり

仕上げ磨き練習中

怪獣くんは、未だに、歯磨きが嫌いである。
いや、歯ブラシは嫌いではない。むしろ、自分で磨くのは好きなようだ。
問題は、仕上げ磨き。どうも、身体の自由を奪われるのが、耐え難いらしく、大人しく磨かせてくれない。

おだてても、遊びながらやっても、ダメなものはダメ。
短時間なら、どうにかなるが、既に、歯は上5本、下5本、さらに、もうすぐ出てきそうなのが数本。
すべてを磨き終わるまで、あ~んと、口を開けていてはくれないので、しかたなく、毎晩、私の両足で、暴れる怪獣くんの両手を押さえつけて、磨いている。
もう少し理解力がついてくれば、歯磨きの絵本かなにかで説得する方法もあるだろうけれど、現状では、歯医者の定期検診を受ける母の姿を見ても、改心する気はないらしい。

ところで、この仕上げ磨き。
前歯だけなら、何の不安も感じなかった私だが、立派に映えてきた奥歯を見て、私は、自分の仕上げ磨きの方法に、疑問を感じた。
これって、あってる?
なんとなく、保健所で教えては貰ったけど、あれは、前歯だけの時。
考えてみれば、奥歯って、虫歯になりやすい。見えにくいし、磨きにくいし。大抵の人は、奥歯の溝に、クラウンをかぶせていることを考えても、奥歯を磨くのって、実は重要かも…。

で、子どもの歯磨きの本を、買ってみた。「強い歯・いい歯は幼児期が決め手!はじめての歯みがきレッスン」倉治ななえ著、PHP研究所2003/6/11発行。
著者の倉治ななえ氏は歯科医で、この前読んだ、大人向けに書かれた本(きれいな歯をつくる―大人のためのデンタル・ブック)が、なかなか良かったので、今回も彼女の本を、アマゾンでお取り寄せ。

期待通り、この本、仕上げ磨きの方法が懇切丁寧に書かれているだけでなく、歯磨き「しつけ絵本」つきで、効果的な子どものほめ方(驚く)、磨かせてくれない子どものタイプ別スペシャルテクニックや、歯によいおやつレシピまで載っていて、なかなか、使える。

で、勉強中なのですが、どうも、私、歯ブラシの動かし方が、雑だったかもねぇ…。
怪獣くん、もしかして、痛かった?
ごめん…。
[PR]
by yyunn | 2004-09-09 23:13 | お買い物情報あり

コスメ・フリーク

私、実は、かなり化粧品が好き。
基礎化粧品、メイクアップを問わず、好き。

学生の頃は、完全にコスメ・フリークで、デパートの化粧品カウンターをはしごするだけでなく、通販ものも、ドクターズコスメも、ポピュラーどころでは、試していないメーカーの方が少ないかも、と思うくらい、片っ端から試しました。

でも、それは、単純に、好奇心からで、肌のためを考えて化粧品ジプシーをしていたわけでは全くなかったので、大学を卒業する頃には、一転、自然化粧品を試しまくることになり、これまた有名どころは、たいてい使ってみましたが、基礎化粧品は使う楽しみを感じないような地味な容器が多く、体にいいという一点張りではなぜか味気なく、メイクは、やっぱり発色や持ちがイマイチ。

私の場合、ここから更にエスカレートして、基礎化粧品を自分で作りはじめ、理科の実験よろしく、苛性ソーダと油で石鹸を作り、精油やグリセリンやアルコールを常備。で、自家製化粧品を愛用していたおかげで、ここのところ全くトラブル知らず。

市販の化粧品の危険性を指摘する本に「肌のお手入れ」だと思ってやっていることは、実は「お手荒らし」で、「お手入れ」だと思いこんでいることをすべてやめるだけで、見違えるようにトラブルのない肌になる…というようなことが書いてあるのを、読んだことがありますが、まさに自分の肌で実感。メイクカウンターで、昔は「脂が」「乾燥が」と言われていたのに、今では、水分も温度も肌理もバッチリで、褒められるので複雑…。

ところが、ここに来て、手作り化粧品にも飽きてくる。
自分でつくるのが一番安くて、一番高品質なものができると知っていながら、市販化粧品の害も知っていながら、それでも、やはり、急にふらふらと、化粧品が買いたくなる。

で、ついに、買ってしまった。
「秋冬のファンデーションが、もうでてるんだ~」とつい足を止め、なぜか基礎化粧品まで買ってしまう人…(爆)
今回は、カネボウ。freeplusでそろえてみました。

それにしても。
容器もかわいいし、使い心地も良い。
化粧品を変えると、毎日が楽しい!
いいんだ、肌に悪くても。悪影響がでたら、また自作に戻すさ!

さらには、勢いで、カネボウの完全予約制で受注生産のフェイスアップパウダー<ミラノコレクション2005>(予約は9/30まで、12/16発売)まで、予約してしまう始末。あー。

ちなみに、このおしろい、年に一回発売されるそれは派手なコンパクトで、まるで小さい女の子のオモチャのような外観。秘密のアッ子ちゃんのコンパクト?という感じのごてごての装飾で、悪趣味なのか、乙女心をくすぐるのか、の微妙なラインですが、中味は相当優秀らしい。口コミも、なかなか上々。早くもクリスマスが楽しみ。
[PR]
by yyunn | 2004-08-26 13:21 | お買い物情報あり

アルフィの卓上ポット

ローズヒップティにはまった結果、卓上ポット(アルフィ ジュエルクローム・シリーズの1Lを)を買った。
どういう因果関係があるのか?
優雅な気分でお茶が飲みたかったのさ(爆)

暑い夏にいちいちヤカンでわかすのも面倒だし、うちに以前からあるもののほとんど使われていない、空気圧で注ぐよくある魔法瓶ポットだと、なんとなく気分が出ないし。

何の気分かとつっこまれるとイタイけど、ぴかっと上品に光る、クラシックなデザイン(大昔のミルクピッチャーみたい?)のポットを眺めるだけで、なんだか癒されるんだなぁ。
有名な老舗メーカーなので、保温性もバッチリで、これのおかげで更にティータイムにはまりつつある今日この頃。怪獣くん連れでは、ドトールコーヒーにさえも行けないんだから、おうちカフェもいい感じかも。

ちなみに、結婚の時に持たされたけれど、どうも趣味に合わない古いポットは豪雨災害にあった新潟のNPOに寄付しようかな、と思ってる。
a0004799_23401454.jpg


なお、他にもかわいい雑貨を一緒に扱っていて、私がよく利用するのは、ラ・クチネッタ
(上の写真は、ここのお店からの借り物)

今回私が買ったお店(たぶんここが一番安い)はアドキッチン

[PR]
by yyunn | 2004-07-30 23:52 | お買い物情報あり

ローズヒップティー

現在、私がはまっているもの。
ローズヒップティー!

先日、夏風邪でダウンして、健康の大切さを身にしみて感じているときに、アロマテラピー協会の会報誌が届き(この前から、会員になった…)、その中の特集で、アロマテラピーショップ開設までの道のりとして、ローズヒップティーとローズヒップオイルを旗艦商品として扱っているローズヒップ専門店ProvenceGardenというお店の開設までの話しが載っていた。

広告代理店を脱サラした店主がニュービジネスを探していたときに、チリで輸出ビジネスをしている従兄弟から紹介されたローズヒップに決めるまでのあれこれが書いてあり、なかなか面白かったのだが、中でも私の目を惹いたのは、サンプルを自ら試してみた時に、店主は「だるかった身体が不思議にシャキッとして頭がすっきりしてきた」上に、店主の妻(この記事を書いた人)は「ローズヒップティーを毎日3杯、2週間飲み続けた結果、胃腸がとても快適な状態になり、お化粧ののりがびっくりするほどよくなった」という事実。これだ!と思い、以前に貰ったものの、放置してあったローズヒップティーを飲み始めた。

独特の臭い(別にそんなに変な匂いでもないのだけど…)が苦手で飲んでいなかったのだが、効果が高いとなると、話は別。嗜好品としてではなく、サプリメント的に飲み始めると、なかなか美味しく、癖になってきた。さらに、会報誌で紹介されていたお店は、チリ直輸入の野生ローズヒップティーをかなり格安で扱っている上、品質も信頼できそうなので、買って飲む日々。かなり、はまっています。

というのも、やっぱり効果ある感じがするから。肌がうっすらと白くなってきたような、ハリが出てきたような…。それもそのはず、ローズヒップは「ビタミンCの爆弾」と呼ばれているらしく、「ビタミンのスーパートライアングル」と呼ばれるビタミンC、P、Eが豊富に含まれ、抗酸化作用に優れているとか。健康目的だったはずなのに、美容効果が出てくると、やっぱり女性としては、やめられません(笑)おまけで付いてきたローズヒップオイルのサンプルもなかなか良い感じなので、次に注文するときは買っちゃおうかな…。

みなさまも、お試しあれ。

新茶・本年度収穫!最高のビタミンC含有率!野生ローズヒップティー<完全無農薬>FINE CUT(細...←新茶・本年度収穫!最高のビタミンC含有率!野生ローズヒップティー<完全無農薬>FINE CUT
[PR]
by yyunn | 2004-07-27 22:49 | お買い物情報あり

D70

ゴールデンウィークに、今をときめく一眼レフのデジカメ、ニコンのD70を買って以来、その便利さにあっけにとられている。

起動も早いし、シャッターを押してから写るまでのタイムラグがほとんどないので、狙った表情が撮れるし、なによりもバシャバシャ連写できる快感といったら!

怪獣くんは、カメラを見ると、即、嬉しそうに近づいてくるのだが、今まで、怪獣くんにカメラを向けて、こっちに歩いてくるまでの間に一枚撮れるか撮れないか…だったのが、3枚は確実に撮れる。画質はもちろん言うこと無いし、やっと、カメラとしての基本性能が満足して、フィルムカメラのような撮影方法でも楽しめるデジカメになったか、という気分。

で、それだけでも満足だったのだが、今まで、一回も充電していないのに、まだフル充電のマークのままというのが、感動もの。フラッシュを使ってかなり撮ってるし、画像を確認したり消去したりもしてるし、パソコンに転送もしてるし…。一体、いつになったら充電サインが出るのか?こんなに電池が持つのなら、充電器なしで旅行にいっても問題ないかも。凄すぎる。
さすが、カメラ・オブ・ザ・イヤー 2003-2004受賞。

ちょっと、かさばるし、重いけど、写真撮るのが楽しい。

それにしても、今年は、高い買い物が多い…。
パソコンも買い替えたし、勢いで、デジカメも買い替え、スキャナも購入。いや、それだけではないんです。他にも…(もはや怖ろしくて書けない)。
もう、ボーナス分、使い終わっちゃってる?

デジタル一眼レフカメラニコン D70 レンズキット
[PR]
by yyunn | 2004-07-08 23:15 | お買い物情報あり

ビニールプール

今日、近所のマツモトキヨシで、ビニールプールを安売りしていたので、買ってしまいました。今まで、怪獣くんの水遊びには、ベビーバスを使っていたのですが、やっぱりなんか感じでないなぁ…と、若干不満があったのです。80cmのものが、税込み924円だったので、一夏だけの楽しみでもいいや、と買いました。

もっと大きいものも、安く出ていたのですが、東京は水道代が大阪の約二倍。水道代もバカにならないので、80センチでは、泳ぐことは出来ないサイズですが、まぁお手頃かな、と。

さっそく、水着を着せて、ルーフバルコニーで遊びましたが、なかなかいい感じ。プールだと思うと、親の方も、おもいっきり水をばしゃばしゃしようが、何しようが余裕を持っていられるせいか、楽しめます。バケツ2杯ほどで、十分プールを堪能できました。1000円未満で、これだけ楽しいなら、買って良かった、といったところ。

我が家は、賃貸マンション暮らしですが、今住んでいる部屋には、ルーフバルコニーがあります。というのも、ここは分譲マンションで、持ち主が転勤でいない間、5年間の定期借家契約で借りている物件だから。5年経ったら、必ず出ていかなければならないかわりに、家賃は相場よりも安め。しかも、浴室乾燥機だの床暖房だのといった、分譲マンションならではの設備が使い放題で、なかなか気に入っています。

そんなわけで、せっかくあるルーフバルコニーを有効活用です。でも、貸し主は嫌がってるだろうなぁ。だって、ここ借りるとき、子供がいるかいないか聞かれたもん。当時はいなかったけど、引っ越してきてすぐに妊娠しちゃったし。こっちは、便利な家で子育てできて、万々歳だけど、怪獣くんは、近頃なんでも投げるし、フローリングが…。どうりで、子供がいるかいないかは、重要なわけだ、と思うこのごろ。(大家さん、ごめん…)
[PR]
by yyunn | 2004-07-03 22:39 | お買い物情報あり

ベビーベッド卒業

怪獣くんのベビーベッドを、昨日片づけました。
我が家は、マンション住まいで手狭なため、普通のベビーベッドの半分ほどのサイズのレモールのミニベッドを使っていました。マンションの狭い廊下を通れる幅なので、居間に持ってきたりもでき、なかなか重宝しましたが、怪獣くんも早1歳2カ月。さすがにそろそろ窮屈になり、当初からの予定通り、押し入れ収納棚に変身させ、再利用です。

で、以前にも少し書きましたが、ベビーベッドの後任として、丸洗いできる布団とローラアシュレイのトラックスのカバーを購入しました。しかしながら、なにしろ狭いので、新しいベッドは買わずに、あまっていた押し入れ収納棚(前の家は今より押入が広かったが、引っ越して以来、すっかり邪魔者になっていいたものの、また引っ越したときのことを考えるとすれられなかったもの)2台を横倒しにし、壁際に設置。さらに、使用済みのベビーベッドの床板をひき、その上に布団をのせて、余分は折り曲げて、即席ベッドにしました。普通のシングルベッドよりも狭いスペースで、どうにも使いようがなかった梁と梁の間の中途半端な空間を埋められ、我ながら、なかなかグッドアイデア。寝心地もまぁまぁで、なかなか素敵なコーナーになりました。

うーん。頭は使うものですね。外国の子供部屋インテリアの本のベッドは、ほとんど手作りだという話しも、昔書きましたが、今回の私のイメージは、そういう感じ。もっといえば、ハイジの干し草ベッドでした(笑) カバーのデザインにお金をかけた分、廃物利用でも、それなりに見えるのが不思議。ちなみに、ブランドショップのシーツを買ったのは、初めてだったのですが、やっぱり値は値ですね。単なるチェック柄にもニュアンスがあり、色の発色もすごくきれい。そして、何より、生地の風合いが全然違う。単なる綿100%なのに、光沢がある感じで、形態安定加工がされていて、洗濯後もしゃっきりしています。一度、これを見てしまうと、そんなにしょっちゅう買い替えるものではないだけに、今後は安物のシーツはやめようかと思いました。

そうそう、今回、今後の転勤を見据えて、ベッドを買わずに何とかしよう、と頭をしぼったのですが、先日、暉峻 淑子(てるおか いつこ)氏の講演会に行ったとき、いいことを聞きました。いろいろな話の中で、「現代の日本人は、便利と安楽のみを求める享楽主義で洗脳されている」と指摘され、そのような中では、「知恵も助け合おうという気持ちも出てこない」とおっしゃっていたんです。確かに、お金さえ出せば、なんでも買える時代ですが、そういう安易な消費行動を続ける結果、自分で何かを作り出す知恵や考える力を失ってしまう可能性は高いですよね。

単なるベビーベッド卒業の話だったのですが、なんだか、自分自身の生活を見直すきっかけになってしまいました。
[PR]
by yyunn | 2004-07-01 23:13 | お買い物情報あり