カテゴリ:怪獣くんの成長( 81 )

イヤイヤ

怪獣くんは、現在1歳8カ月。
そろそろ、何でも「イヤ!」というようになってまいりました。

私は、密かに、「魔の二歳児」というものを、かなり恐れていたのですが、いざ、彼が「イヤ!」を連発しはじめると、ちょっと拍子抜け。
もっと憎たらしい感じになるかと思いきや、全身で必死になって拒んでいる様子が、…なんとも笑える。そうかそうか、キミにも意志が芽生えてきたのか、などと密かに「かわいいねぇ」なんて笑いながら、相手をしております。

極めて一般的な「これと、これ、どっちがいい?」と選択させる方法も、まぁまぁですが、彼の場合、「~な人、手ぇあげて~!」と声をかけて、攪乱させる方法なども、案外効果的。
(例えば、「おむつを替えるよ~」と言って、「イヤ!」と逃げるときなど、「じゃぁ、おしりキレイにしたい人、手ぇ挙げて~!」と目先を変えると、突然、素直に手を挙げて近づいてくることがあり、そこを素早く確保するという時に使用)

もしくは、「ママはキミができるって、信じているよ~」などと言って、期待のまなざしを送るのも、時間はかかるものの、効果があるよう。最終的には、自分で期待されている行動を選択し、褒められて、自分でも満足げな表情をしたり。
(これは、例えば、「お風呂にミニカーを持ってはいる」と主張して聞かないときなど、「うちの怪獣くんは、とってもかしこいから、ここに自分で置いておけるよね~。ママ、できるまで待ってるからね~。きっとできると思うんだ。絶対できるよ。」などと言っているうちに、悩みに悩んで、持ってはいるのを諦め、吹っ切れたような顔つきで、自分で手放して、晴れ晴れと風呂に入ってくる、というときに使用)

まぁ、まだ、2歳にはなっていないわけだし、これから更にエスカレートしていっても、この余裕を失わないでいられるかは、謎ですけどね。
[PR]
by yyunn | 2005-01-08 21:29 | 怪獣くんの成長

プラレール

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、実家に帰省していたわけですが、帰った途端に、まず私が風邪でダウン。
胃腸に来る風邪で、熱は大したことはないものの、三日三晩、眠り姫?のように寝続け。
その後、私が持ってきた風邪は、実家で大流行。

4日後に母が、その後、妹→父→怪獣くん→祖母、とみんな全く同じ症状で寝込む羽目になり、予定していた夫の実家行きは、怪獣くんが吐きまくっていた日と重なってしまって残念ながら中止。
なんとも慌ただしい年末になってしまったのでした。

幸い?年末ギリギリに小児科に駆け込めたし、それぞれキレイに時期をずらして寝込んでいき、母と私は早期にどうにか快復したので、なんとか正月の飾りつけやおせち料理も作ることができ、一応、みんな元気になって(峠を越したばかりの病人はあるものの、寝込んで起きられないほどではなく)、お正月を迎えることができたのですが。

ところで、怪獣くんは、クリスマスプレゼントに、ミニカーの5台セットやプラレールの山手線などを貰って大喜び。
帰ってきた今も、一日中、車を並べたり、電車を走らせたり、両手に複数台、握りしめて部屋中を闊歩しております。

私は、プラレールのあの青いレールが、いまいち好きになれず、プラレール本体も、間違って踏んだらすぐ壊れそうだし、電池で動くよりも手で動かすものの方が長持ちしそうだと思って、出産祝いに従兄弟に木の列車とレールのセットを買って貰っていたので、怪獣くんが電車を見てエキサイトするのは知っていたものの、なかなか買うには至らず。
そんなわけで、プラレールより、まだエヌゲージの方が丈夫かな?それにしても、車種は?などど迷っていたところに、ついに、貰ってしまったわ、という気持ちもあったのですが、怪獣くんは、じっくり眺めては、にやにやしたり、電動で動く様子を見て、歓声をあげたり。
こんなに喜んでいるのだから、親の好みを主張するなんて、野暮なことですね。

で、青のレール、買わなきゃいけないかな、と思っていたのですが、昨日、偶然、家にある木製レール(一般的なブリオのではなく、グランパパなどで売っている安い方)の上を走らせたら…一応、走る。
トンネルと坂道のついた8の字型にくむと、電池のパワー不足で登れないけど、ふつうの楕円形に組めば大丈夫みたいなので、やったーと、私も怪獣くんも大喜び。
見るからに、車体の大きさが違うのに、車輪の幅はあってるなんて、ステキ。
まぁ、カーブレールが若干急すぎるのか、たまーに自然横転することもあるけど、さしあたっての必要は満たしている感じ。
もっと複雑な道を造りたくなる年齢まで、とりあえず、これでいこうと、がんがんオモチャが増える中で、母は思ったのでした。
[PR]
by yyunn | 2005-01-05 07:27 | 怪獣くんの成長

生協の講演会

先日、怪獣くんは、生協の託児デビューをした。

私の利用している生協の託児つきの講習会の託児は、1歳半からなので、怪獣くんが1歳半になった瞬間から、興味があって、かつ、行けそうな場所の講習会には申し込んできたのだが、なにぶんにも、生協の託児は人数が少ない。一回6人とか。
そんなわけで、「今回は残念ながら…」と抽選もれすること数回。

ならば、人気のなさそうな固めの内容の講習会ならどうだ?と思ったら、あっさりOKでした。
というか、託児を申し込んだ人、私だけで、怪獣くんは、託児ルームを独りじめ。
しかも、生協の託児は利用料無料で、得した気分。

怪獣くんは、友の会で託児慣れしているので、非常にご機嫌で、遊んでくれていたようです。
うーん、何かの時のためにも、日頃から、あちこちの託児に預けて、慣らしておくのは、お互いのためによいことかも。

ところで、平和学習会という名前でしたが、「安心のファシズム―支配されたがる人びと」を書いた斎藤 貴男の講演会で、非常に内容も興味深く、面白かったので、もっとたくさんの人が聞きに来れば良かったのに、と思いました。
なかなか斬新な切り口で、久々に大学時代の講義を懐かしく思い出す雰囲気でした。
機会があれば、本を読むなり、講演を聴きに行ってみてください。おすすめです。
[PR]
by yyunn | 2004-12-18 16:25 | 怪獣くんの成長

足湯

暖冬とはいえ、最近本格的に寒くなってきましたねぇ。
寒がりの私は、この寒さに耐えかね、怪獣くん誕生以来、封印されていた足湯器をついに出してきました。
足湯をすると、身体の芯からポカポカと暖まるので、冷え性の人にとっては、これ以上にない効果的な改善方法です。

ただ、ほんの1cmの水でも溺れ死ぬことがあるそうなので、怪獣くんからは目を離すまい…と覚悟を決めて出してきたのですが、私が足湯をはじめると、怪獣くん、興味津々。
自分もやりたいと言いだし、「あぁ、またまねっこね…すぐ飽きるだろう」と思っていたら、なんと、すっかり気に入ってしまい、出ようとしない。
それどころか、一日に何度も「あ・ひ・う~」などといって催促し、嬉しそうに大人しく足湯をしているのです。

a0004799_14494592.gif
我が家にある足湯器は、
足湯器「冷え取り君 NEWスーパーマイコン」というやつで、足を入れる部分以外にも蓋がついているので、怪獣くんは、その蓋に座り、じーっと足をつけてご満悦。

何で、そんなに気に入っているの?
彼も冷えているのか?

彼がずっと使用中なので、せっかく出してきた割には、私は、ほとんど恩恵に預かっていなかったりして…。

冷え性の方におすすめ!【足湯セット】薬用入浴剤パインハイセンス+フットバス冷え取り君
[PR]
by yyunn | 2004-12-18 14:53 | 怪獣くんの成長

三輪車

a0004799_10531361.jpg怪獣くん(1歳7カ月)は、ちょっと早めのクリスマスプレゼントにもらった三輪車(アイデス カジーのブルー)が大のお気に入り。
どこに行くにも、乗っていこうとします。

まぁ、便利な押し棒(方向転換自由自在、高さ3段階調節可)があるので、ベビーカーのように使えなくもないのですが、自分でこぎたいらしく、がんがん押すと怒って泣きます。
なので、気づかれないように、こっそり押したり、こっそり方向を調整したりしつつ、歩くよりもゆっくりなスピードで進むので、買い物に行こうと考えているときなどは、何とも…。

でも、まぁ、得意満面で三輪車にまたがる姿には、我が子の成長を感じ、ちょっと嬉しくもあります。
ついこの前まで、何もできない赤ちゃんだったのにねぇ…。

アイデスカジー三輪車ブルー←ツカサキッズ
三輪車アイデス カジー ブルー←ファミリー工房
アイデスカジー三輪車 ブルー←トイザらスオンラインショッピング 
[PR]
by yyunn | 2004-12-11 10:53 | 怪獣くんの成長

断乳完了

1カ月ぶりにオケタニに行ってきました。
今回で断乳後の手技が最後になるのがわかっていたので、12/1の早稲田移転後に、わざわざ予約を取り、リニューアルオープンの様子をのぞきに行ってきました。

以前の東中野よりも、少し歩く距離が長くなり、こぢんまりした印象。私的には、前の雰囲気の方が好きかな。
けれども、自社ビルになり駐車場完備、入口に段差なし、そして一階になったのは、少し便利かも。
その他は、当たり前だけど、変わっていません。

搾乳してもらうと、黄色で粘性のある、もはや以前とは変わり果てたものが、少し出てきた様子。う~ん、人間の身体って不思議。

ちなみに、オープン記念で、2月までの3ヶ月間は、300円引きだそうです。
行ってみたいな~と思っている方は、エコバッグやカレンダーなどももらえてしまう、今がチャンス?

怪獣くんと私は、めでたく今日で完全に終わりになったので、もう行く機会もありません。
やれやれ、という気持ち半分、ちょっと寂しいような気持ち半分。
[PR]
by yyunn | 2004-12-08 16:22 | 怪獣くんの成長

新江ノ島水族館

週末、新江ノ島水族館に行って来ました。
新江ノ島水族館といえば、日本に一頭しかいないという象のように大きいアザラシ「みなぞう(ミナミゾウアザラシ)」と、パフォーマンス形式のイルカショー。

みなぞうは、全長4.5m体重2トンという巨大さで、恐竜っぽいというか、トトロみたいというか、とにかく圧倒される大きさなのに、様々な芸をするという凄さで、大人でも一見の価値あり。
うちの怪獣くん(1歳7カ月)は、はじめ抱かれて見ていたのですが、小回りの良さを活かして、自分で最前列に割り込み、さらに、よりみなぞうに近い場所に走って移動し、身を乗り出すようにしてみておりました。あまりに気に入っていたため、イルカショーが始まるにあたり、引き離すのが大変なくらい。

イルカショーの方は、よくある笛や餌を全く使わず、音楽に合わせてダンサーのお姉さん達が躍る中、イルカも跳ねるというもので、ちょっとディズニーランドのショーっぽい感じで、なかなか斬新な試み。まだまだ改善の余地はたくさんありそうですが、それなりに楽しめました。
怪獣くんはというと、イルカが跳ねるのが、とてもとても気に入った様子で、ジャンプの度に、声をあげて笑うわ、拍手するわで、ちょっと眠かったのも吹き飛び、非常にご機嫌でした。それだけ喜んでもらえれば、連れていった甲斐があるというもの。小さい子供にとっては、トークの入らないこういうショーの方が、楽しめるのかもしれません。

その他、種々の水槽も、指さしては「これ?」などと言いながら、真剣に眺めたり。
往路、ロマンスカーに乗ったことにはしゃぎすぎ、眠かったはずなのに眠れなかったため、機嫌が悪くなり、途中までしか見られませんでしたが、彼なりに水族館を堪能した様子。

前の動物園もまぁまぁの反応でしたが、1歳半をすぎると、どこかへ連れていったときの反応が、なかなか楽しいものだと思った一日でした。
[PR]
by yyunn | 2004-12-07 22:00 | 怪獣くんの成長

「抱っこ」と「え~」の関係

怪獣くん(1歳7カ月)は、現在、一日に何度も「抱っこ!」という。
おかげで、私の背中と肩は、ぱんぱんにはってしまっている…(涙)

先日、手が放せないときに「抱っこ!」と言われ、試しに「え~!」と言ってみたところ、なぜか、この「え~!」が気に入って、今度は、「え~!」を聞くために、「抱っこ!」と言うようになってしまい、何を求められているのか、非常にややこしくなった。

怪獣くんは、私が「え~!」と言うたびに、けたけたと笑う。
小さい子供というのは、繰り返しが大好きなため、今度は、一日に、何度も「え~!」と言わされる羽目になった。

そんなわけで、今日も、いろいろなバリエーションで「え~!」。
スフォルツァンドつき(強くアクセントをつけてすぐ減衰させる演奏方法)とか、長くのばすバリエーションとか、語尾上げ、語尾下げ、上げて下げて上げる、とか、思いつく限り、いろいろな「え~!」。

でも、たまに、本当に抱っこして欲しいときに、「え~!」というと、泣き顔に。
一応、意味はわかっているらしい。
[PR]
by yyunn | 2004-11-30 12:12 | 怪獣くんの成長

フッ素

怪獣くん(1歳7カ月)は、未だに歯磨きの仕上げ磨きが嫌いである。
まぁ、自分で磨くのは好きだし、押さえつけて磨く間、泣きわめいているだけで、終わった瞬間に泣きやむし、根に持って歯ブラシ自体が嫌いになるわけでもないから、別段問題はないけれど。

そんな怪獣くん、歯磨き用のフッ素は気に入ったみたい。
先日、保健所で、スプレー式のフッ素「レノビーゴ」を、ごく軽く勧められ、フッ素の害なども知らないわけでもないけれど(まぁ、聞いてもあまり気にしないタイプ)、好奇心から絶対試してみたくなって、即、買ってみたのです(薬局で売っています)。

歯磨き粉みたいなものは全く入っていないので、うがいができなくても使えるらしく(というより、使った後はうがいをすると、効果が落ちる。ところが、怪獣くん、ぶくぶくうがいもできるようになったので、やりたがってややこしい。)、歯ブラシにスプレーして歯に塗るようにつかうだけなので、なかなか使いやすいのですが、これ、ちょっとレモン系の味がついていて。

どうも、この味が、怪獣くんのお気に召したよう。
この味が歯ブラシについているときだけ(おそらく数秒で薄まって消えてしまうんだけど)、妙に静かに磨かせてくれるし、自分で磨くときも、スプレーを指さして、つけてくれと言う始末。
で、そんなにつけるもんじゃないと断ったら、かえって泣かれたり。

我が家の歯磨きタイムは、相変わらず、騒々しいのでした。
[PR]
by yyunn | 2004-11-24 23:35 | 怪獣くんの成長

人それぞれ

怪獣くんは、縫いだ洗濯物をランドリーバッグに入れるとき、背伸びして放り込むのだけれど、その時、ちょっとでもはみ出したりしていたら、何度も何度も、跳び上がるようにして、きちんと全部入れるまで頑張るタイプ。

それを見た、怪獣の父(私の夫)は、「彼は丁寧なヤツだな」と言った。
同じものを見たとき、怪獣の母(私)は、「彼は案外神経質だな」と思った。

怪獣父AB型、怪獣母B型、怪獣くんA型。
[PR]
by yyunn | 2004-11-21 22:56 | 怪獣くんの成長