<   2004年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

はじめての歯科検診

本日は、保健所の一歳児歯科相談。
怪獣くんにとっては、はじめての歯科検診です。
一日一度、夜だけしか歯ブラシしてないし、嫌がって暴れるので、かなりいい加減な磨き方だったので、なんていわれるやら、若干びくびくしながら連れていってきました。

どう考えても暴れるだろう一歳児の歯を、どうやって見るのかと思ったら、椅子に座った歯科衛生士さんの膝の上にタオルがひかれ、下半身は私に抱かれて腕を押さえつけられた状態のまま、膝枕で、口に指を入れてこじ開けられる…というやり方で、号泣する怪獣くんをよそに、私は、なるほどね~などと感心していたのでした。床にじかに座るのでなくても、その手があったか。

歯科衛生士さんは慣れたもので、「ここに指を入れれば、口が開くから」などといいながら、歯磨きの実演。仕上げ磨きを親がしなきゃいけないのはしっていたが、具体的にどうみがけばいいのか?どれくらいみがけばいいのか?というのが一番の疑問だったので、教えて貰って助かりました。というよりも、ぎゃあぎゃあ泣きわめいている中でも、平然と歯を磨く姿を見せて頂いたこと自体が、非常に勉強になりました。今日から、泣こうが暴れようが、私の気の済むまで磨かせていただくことにします。

何しろ、今まで、暴れ狂う怪獣くんにひきぎみだった私。とりあえず、形だけでもと、手早くすましていたせいで、今日、歯科衛生士さんが、ちょっと磨いただけで、若干出血。おお、一歳にして歯周病???歯科衛生士さんは、ちゃんと磨くようにすれば数日で健康な状態に戻るから大丈夫と言っていたけれど、まだ合計8本しか歯がないのに、それはやばい。母は心を鬼にして、磨くことに決めたから。

で、早速、さっき磨きましたとも。暴れる怪獣くんの手を押さえてくれる人がいないので、仕方なく、床に座り込み、足の間から出られないようにした上で、私のふとももで、彼の腕を踏みつけにして押さえ、泣き叫んでる中、口をこじ開けて。

怪獣くん、ちょっとショックだったみたいで、終わったあとも、しばらく恨みがましく泣き続けていたけれど、まぁ、すぐ慣れるでしょう。っていうか、小さい子って、すぐに気分が変わるから、ちょっと別の何かで気をひいたら、すぐにそれに夢中になってしまうし。それでもやっぱり、ちょっと精神力がいりますが、暴れなくなるまでの間、しばらく、頑張るか~。
[PR]
by yyunn | 2004-05-29 00:09 | 怪獣くんの成長

花粉症再び

昨日あたりから、くしゃみが止まらず、目がかゆい。典型的花粉症の症状。
今年の春の杉花粉の時期は、もうとっくの昔に終わったはず。
じゃあ、なに?これって、何の花粉?何のアレルギー?

是非とも、病院に行って、アレルギーテストかなにかをして原因を究明したいが、病院に子供を連れていって、余計な病気を貰ってきても困る。でも、前から、パッチテストしてみたかったんだよな~。けど、まだ、授乳中(夜のみ)だから、どうせ薬飲めないし、病院行くだけムダなんだけどさぁ…。

今の時期って、何の花粉でしょうか?
ただでさえ寝不足なのに(↓)、気になって寝られない今日このごろ。
[PR]
by yyunn | 2004-05-25 23:19 | 季節もの

眠いぞ

このところ、夜9時には寝て、朝7時までぐっすりだったはずの怪獣くんが、1時くらいから、1時間ごとに泣く。またすぐに寝入ってくれるから、夜泣きよりはマシだけど、私が熟睡しかけると起こされるので、なんだか寝た気がしない。おかげで、慢性的な寝不足で、私、ふらふら。

なぜだ。なんで起きるんだ??
原因不明。そして、これがいつまで続くのかも不明。
[PR]
by yyunn | 2004-05-25 23:13 | 怪獣くんの成長

生活基礎講習

今日は、朝から怪獣くんを連れて、東京第一友の会友の家へ。現在私が受講中の生活基礎講習の第二回目だったから。毎週月曜の4回連続。朝10時から12時まで。内容は、一言で言えば、家事と子育ての基本をみっちり盛りだくさん。

託児つきなので、怪獣くんを預け、私は別の部屋でお勉強。友の会の託児は1歳以上なので、ようやく預けられるようになり、いろいろなところに出かけられるようになって、私は喜んでいる。生協の講習会の託児は1歳半以上なので、こちらは、もう少し我慢だけど。

怪獣くんは、今まで突発性発疹で熱が出た以外、病気をしたことがなく、急な発熱で予定がキャンセルになることがないので、こんな時、とても助かる。さらには、生後3カ月から、隔週で母子別室の保健所の催しに参加していた上に、日頃からあちこち連れまわされているせいか、割合おとなしく預けられてくれるので、過度に精神的負担を感じることもなく、託児に出せる。うーん、普段はいろいろ大変だけど、基本的にいい子だわ(笑)

話は戻って、生活基礎講習。内容はすごく濃く、すぐに役立つことばかり。受講生はみんな、一回目の講習でものすごく刺激を受けて帰り、二回目の今日までに、習ったことを少しでも生活に取り入れようとしているのがよくわかり、本日も盛況でした。この講習は、全国各地の友の会でも、同じように開催されており(日程は婦人之友の後ろの方にたくさん出ています)、会員でなくても申し込めるので、ぜひぜひ、新米ママのみなさん、行ってみてください。本当に、お薦めです。もっと効率よく家事をこなしたいとか、もっとすっきり生活したい、もっと子育てを楽しみたい、と思っている人にピッタリの内容で、想像を超える何かが得られるはず。生活全般を見直すきっかけになると思います。

残り2回の講習が、今からとても楽しみ。
[PR]
by yyunn | 2004-05-24 22:52 | 徒然なるままに

ダンヒル!

うちには、ダンヒルの腕時計がある。私の母は、腕時計マニアだった時期があり、私が譲り受けた腕時計もブランドものだが、結婚前に夫がうちの母から貰ったのも、ダンヒルの、ちょっと自分では買いたくないような値段の腕時計。

ブランド時計には、ブランド時計の良さがあり、確かに、長年使っていても全く飽きない。それに、壊れたときは、デパート内のショップに持っていけば、丁寧に対応してくれるので、まぁ、それなりに気に入ってはいる。

で、その夫のダンヒルの腕時計が、近頃微妙に遅れるというので、今日、デパートのダンヒルショップに持っていった。電池はこの前替えたばかりだから、おそらく分解掃除になっちゃうだろうな~と、思いながら行ったのだが、案の定、店員に「最近、オーバーホールはされていますか?」と聞かれる。ちっ、カタカナできたか…と思いながら、よく考えたら、何年前にやったのか、それとも買って以来やっていないのか、全く分からない。ははは。して、その分解掃除のお値段は、最低で2万4千円らしい。げげげ。

しかも、分解掃除(私は、あくまで漢字を貫いた)はどれくらいの間隔でするべきものなのかを聞いてみたら、「2年に1度をお薦めしている」なんて言われてしまった。おいおい。2年に1度もそんな出費じゃぁ、そこそこの値段の新しい腕時計買えるんですけど。その上、2年に1度も、1カ月くらいお預かりになるようじゃ、困るんですけど。

とりあえず、分解掃除をしない限りは時計として使えないので、仕方なく頼んできたけれど、なんか、納得いかない値段。まぁ、どうせ、また動かなくなるまで、分解掃除なんて絶対しないけどさ。それにしても、高級品は、維持にもお金がかかるのか~。
[PR]
by yyunn | 2004-05-24 22:28 | 徒然なるままに

抱っこ紐マニア

スリングの話を書いていて、思い出したのだが、うちには抱っこ紐が本当にたくさんある。抱っこ紐には、使いやすさと使い分けとがあって、家で使うなら身体に負担がかからないものがベストだし、外出するときは小さくなる方がいい。さらには、どっちにしろ、抱っこするときに、面倒な手順がなく、あちこちとめたりする必要がないものが、結局は一番使いやすくて、大がかりなものは、すぐに使わなくなる。

抱っこ紐は、個人の使用感に結構差があるのだけれど、使いやすいものは、案外一致するものなので、ここで、だーっと書いてみよう。

まず、アップリカのズッコオム。4WAYかなんかだったのだが、あちこちとめるのが面倒で、数えるほどしか使っていない。力が分散して楽…なんてメーカーはうたっているが、リュックのような形なので、肩と首にかなり負担がかかる。ただ、新生児はやっぱり横抱きにして抱いていたかったので、それなりには役に立ったが、お薦めできない。

ダコビー。たたんでもあんまり小さくはならないが、長時間抱いていても、それほどしんどくならず、かつ首さえ座ってしまえば使えるので、随分前から今まで、活用頻度が高い。何よりも、腰でバックルを留めるだけの手軽さがよい。ジーンズダコビーがどんな洋服にも合うのでおすすめ。

トンガ。たためばすごく小さいので、ベビーカーでの外出時に便利。抱かなくてはならなくなったときに、あれば助かる。ただ、ダコビーほど楽ではないので、長時間の抱っこは辛い。荷物が多くなってもいい場合は、ダコビーを持っていく。荷物が少ない方がいい時はこれ。ただ、スリングを使ったことのある人でないと、上手に使えないかもしれない。

ベビービヨルン。友人に借りたのだが、これは便利。抱っこ紐の中ではピカイチの使いやすさと疲れにくさ。両手を離せてとっても便利だし、すべての調節が前で出来る。さらには、デザインも色もおしゃれで、男の人が使っていても違和感がない。雨の日の外出など、重宝した。難点を言えば、新生児を縦抱きにすることに若干不安が残ることと、体重制限があって10カ月くらいまでしか使えないこと。

フェリシモ型。紐をバツの形にして縫い合わせたようなもの。フェリシモやなんかでも売っているが、手作りの本にもよく載っている。母が作ってくれたのだが、これもコンパクトで結構使いやすい。

昔ながらのおんぶ紐。胸元が目立ちすぎて外には出たくないが、家では便利。抱っこでは出来ない用事(炒めものとか)ができるので、泣きわめいている中で家事をしなければならない時などの非常手段としては、それなりに便利。でも、かなり腰と肩に来る。

スリング。家では一番活躍している。これで抱くと重くない。ぐずっていても、なぜかおとなしくなる魔法の袋。ただ、かなりかさばるので、外出時には邪魔。

う~。こう書いていると、結構ありますね、やっぱり。ウエストポーチ型はないけど。ひとつだけ買うとしたら、使い道の多さと疲れにくさから言えばベビービヨルンかな。長い間使えることを考えるなら、ダコビー。家では、断然スリング。
[PR]
by yyunn | 2004-05-22 15:33 | お買い物情報あり

スリング

a0004799_145254.gifスリング、ご存じでしょうか?最近ポピュラーになりつつある抱っこ紐の一種なんですが、まぁ例えて言えば、アフリカ?の原住民?風??というか、大きなスカーフで包み込むようなスタイルで、抱くほうにとっては、面倒な操作が一切なく、肩に負担がかかりにくく、しかも、これに入れるとすぐ寝るので非常に便利で、うちでは怪獣くんが新生児のころから愛用しています。


で、最近、自立と依存の間を行き来し始めた怪獣くん、力が強くなってきたので、泣いて暴れると、抱っこしていても落としそうになり、手に負えないのですが、このスリングを見せると、嬉しそうな顔をして、おとなしくなるのです。あまりにも期待に満ちた目をするので、仕方なくスリングに入れて抱くと、ぴたっと私の身体に張り付いて、それは幸せそうにうっとり。


スリングって、「第二の子宮」などとも言われ、子供は子宮にいたときのように布にすっぽりくるまれて安心するようなのですが、さらに、怪獣くんの場合は、このスリングによい思い出がたくさんあるようで。


それにしても、一人で歩けるようになっても、まだまだ抱っこも好きなのね。抱かれるのを嫌がるときもあるくせに、勝手なヤツ…。


ちなみに、スリング、ぼちぼち、街で見かけることも多くなってきて、いろいろな種類のものもありますが、我が家で一番使っているのは、ベビー抱っこ.comで買った、OTSBHのもの。使いやすさから言うと、一本目のスリングとしてはこれがお薦め。布のバリエーションで言えば、ピースリングもいいんだけど(実は、外出用に、これも一本持っている)、家で使う場合、OTSBHの疲れにくさにはかないません。なお、体の小さい人は、北極しろくま堂が、日本人サイズのOTSBHを販売しています。


使い方がマスターできない人は、ビデオを見るのが一番早いです(私はおまけで貰った)。たとえ英語が分からなくても、コツはよく分かります。あと、スリングに関して私が聞いた話では、nojoのスリング(メディア露出度は一番高い?)。私の知り合いによると、非常に使いにくいらしい…。上手に使えば、本当に便利なものなので、使いやすさをよく比較してご購入になり、ぜひ使いこなす人が多くなればいいなぁと思います。抱っこを負担に感じている方に、特におすすめです。
[PR]
by yyunn | 2004-05-22 14:53 | 怪獣くんの成長

アロマテラピー検定

この前の日曜日は、怪獣くんを夫に預けて、私は、アロマテラピー検定1級を受けに行ってきました。

数年前から、アロマテラピーは、数ある私の独学の趣味の中の一つではあったけれど、別に職業にする気はなかったので、検定を受ける気はなかったのですが、実は、アロマテラピーって、結構、本によって書いてあることが、まちまち。あまりにもややこしいので、一応、日本アロマテラピー協会の公式見解を知っておこうかと思って、少し前に検定用のテキストを買ったのが去年。

で、せっかくテキストもあることだし、たとえ趣味でも、試験直前に集中的かつ体型的に勉強すると、頭の中がすっきり整理されてよいのではないかと考え直し、せっかくある程度知識があるんだから、受けられるうちに受けておくか、ということで、今年の年賀状で受験を宣言(毎年、その年の見通しをつらつら書いて送るのが私流)。そんなわけで、申し込んだ次第。

私は、以前に、とある資格試験の受験を繰り返していた時期があり、相当マークシート試験慣れしているせいか、結構真面目に勉強していったせいか、わかるかわからないかしかない知識問題オンリーだったせいか、90分の試験が15分くらいで終わってしまい、「40分未満の退席は棄権とみなして採点しない」といわれたせいで、ゆーっくり2回も見直ししてもまだ暇を持て余すくらいだったので、久しぶりの大学の教室や試験を堪能してきました。

中でも面白かったのが、香りあてテストという問題。いったいどうやって出題されるのかと思っていたら、精油原液の入った小さな蓋つきガラス瓶2本が入ったファスナー付きの袋が配られる…という方式でした。なるほど~。一番前の席だったので、他の人がどんな恰好でにおいをかいでいたのか見られなかったのが、非常に残念でしたが、なかなか楽しい体験でした。

それにしても、ふだんの生活で、締め切りというものに、とんと縁がなくなってしまっているので、期日が設定されていて、それに向かって、まがりなりにも集中的に勉強するというのは、想像以上に効果的でした。いままであやふやだった、精油のプロフィールも効果も適量の計算もバッチリです。生活習慣病や栄養などのライフスタイルに関する知識も試験範囲だったため、副次的な効果まで。

みなさん、それぞれ趣味をお持ちでしょうが、試験を受けてみるというのも、おすすめですよ。
[PR]
by yyunn | 2004-05-19 22:33 | 徒然なるままに

人まね怪獣

怪獣くんは、今、まねをすることに凝っている。大人が何かしていると、その横で、必ずじーっと観察している。

現在のお気に入りは、押入から、はたきを出してきて、あちこちはたきかけをして回ることと、同じく押入から、自分の身長ほどもある掃除機の先を出してきて、うまくころがして歩けないのに、そこは根性で、上の部分をつまんで空中に持ち上げたまま、掃除機をかけているようなつもりで、歩きまわること。結構重いと思うんだけど。あとは、洗面所の下の戸棚を開けて、中にあるブラシを取りだして、自分の髪の毛をとかすこと。しかも、ブラシが数本入っているのだが、その中で、私が一番よく使うものを選んで出してくる。

昨日は、洗濯をしている私を、じーっと見ていた。私が妊娠中に合成石鹸に過剰反応するようになって以来、うちは粉石鹸で洗濯しているので、専用洗面器に専用ミニ泡立て器で、よくかき混ぜて、泡立ててから洗濯機に投入するのだが、その作業がおもしろそうだと思ったらしい。リビングでふと振り返ると、怪獣くんが、にた~と笑いながら、洗面器とミニ泡立て器を持って立っていて、混ぜる真似をしていた。おそるべし、一歳児。

今日、床をAURO(植物性簡易床ワックス)で拭こうとしていたとき、もしかしたら、これも真似するかも?と思って、怪獣くん用の雑巾を用意していたのだが、これにはのってこなかった。ちっ。手伝ってもらえるかと思ったのに、甘かったか。

そんなわけで、我が家は、今、変。ふと気づくと、玄関に泡立て器があったり、台所にブラシがあったり、リビングに洗面器が転がっていたり、風呂場にしゃもじが落ちていたり。出してこられるのなら、もとある場所に戻してきてくれ…。
[PR]
by yyunn | 2004-05-14 22:44 | 怪獣くんの成長

絵本のブッククラブ

私は、もともと絵本好き。で、怪獣くんにも絵本に親しんでもらいたい。というより、怪獣くんの存在にかこつけて、絵本を買いたい。


生後間もなくから一年間は、出産祝いに頂いた月刊絵本一年分(福音館の「こどものとも0・1・2」)が届いていたので、ありがたく親子で楽しませていただいた。保健所でやっている手遊びの会の指導員も大絶賛の、福音館の新作月刊絵本もいいのだが(ボードブックで丈夫だし、お手ごろ価格だし、バラエティー豊かだし)、とりあえず、一年分12冊あるので、継続するのはやめることにした。


が、この一年で、毎月絵本が届く生活の楽しさを知ってしまった。


私の母も絵本好きで、私も小さい頃から、たくさんの絵本(特に外国の絵のきれいなもの中心)に囲まれて育ち、確かによく読んだのだけれど、なんだか最初からいっぱいあると、ありがたみが薄れるような、愛着がわかない気もする。その点、毎月2冊程度なら、その絵本に浸りきることが出来るので、とても楽しい。


さらには、毎回、問答無用で届くので、自分では絶対に選ばないような絵本が届くことも多々あって、それがとってもよいことが、この一年で、よくわかった。ちびこいながらも怪獣くんにも、自分の趣味があり、お気に入りがあるのだが、それは、必ずしも私とは一致しない。それに、絵本というのは、それこそ星の数ほど出版されているので、その中から、年齢や興味に応じた本を選び出すのは、なかなか大変。適切なタイミングで、適当な内容の本を手渡して、心の栄養としていくことって大切だと思うけれど、全く経験のない私に、それができるとは到底思えない。


そんなわけで、毎月絵本が届いて、しかも、それが年齢に応じて適切にセレクトされているようなブッククラブはないものか?と探していた。結構いろいろな会社がやっていて、どれがいいのか迷っていたのだが、行きつけの小児科の待合室に、童話館のブッククラブ童話館のブッククラブのパンフレットと絵本がおいてあり、高熱の怪獣くんを抱きながら、ついつい次々読んでいった結果、「これだ!」ということになり、先月から、会員になりました。

特に、私が心惹かれて、決定打となったのはおちゃのじかんにきたとらという絵本。私も、相当な数の絵本を見てきましたが、これ、かなり上質。絵も良い(絵は、童話館のホームページに出ています)、話しもよい。童話館ブッククラブの子供の評判も相当によいらしい。今、怪獣くんは、小さいいちごコース(1~2歳向け)なので、大きいくるみコース(4~5歳向け)のこの本を読むことはないけれど、これを読む頃まで続けたいな、と思う。


で、今日が、第二回の配本だったのです。やっぱり自分ではえらばなさそうな、でも、なかなか興味深い本でした。猫好きの怪獣くんは、早くも気に入った様子。
[PR]
by yyunn | 2004-05-12 23:17 | 怪獣くんの成長