<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

引っ越しのご挨拶

もともとhttp://yyunn.exblog.jp/で、書いていたのですが、アフェリエイトに利用してはいけないらしく、非公開処理の憂き目にあったので、仕方なく、商用利用OKのブログに乗り換えることにしました。
誠に勝手ながら、本日より、http://blog.livedoor.jp/yyunn21/ に、引っ越しいたします。

さしあたって、今月分の本文だけは引っ越しさせましたが、コメントやトラックバックが失われてしまうのが残念です。

でも、もたもたしていると、「該当記事を削除いただくか、内容を修正のうえ新規の記事にて再度ご投稿いただけますようお願いいたします。 なお今後も改善いただけない場合は、ブログ全体の非公開またはブログのご利用を停止させていただくことがございますので予めご了承ください。」という警告が入ってしまっているので、全部消えてしまう可能性も、なきにしもあらず。

別に、ブログのアフェリエイトで稼いでるわけじゃないけどさぁ、基本的に、リンクはってあるブログの方が、親切じゃない?っていうか、リンクもないブログに何の意味があるわけ?と思っているから、今さら、そこだけ編集し直したりする気もないし、めんどくさいし。
あーあ。 結構、気に入っていたのになぁ。アフェリエイトすらダメだなんて知らなかったわ。

そんなわけで、引っ越します。
これからも、怪獣くん(現在1歳8カ月・男)と悩める母を、よろしくお願いします。
[PR]
by yyunn | 2005-01-15 15:04 | 徒然なるままに

ピアス

その1。少し前に、婦人之友で読んだ記事の中に、アフリカでは部族の一員である証明としてピアスをする習慣があるので、イアリングをしていない単身の女性は怪しまれ、国境を通過しづらかったという体験談を読んで、へぇ~と思った。

その2。年末、久々に会った友人が、思い切ってピアスを開けたという。

その3。元旦の初売りで、母と半分ずつしようと買った、ピアスの入っていないはずのジュェリーの福袋に、ピアスが入っていた。

…このところ、私の周辺では、ピアスに関する話題が、短期間に続いている。
これは、ピアスをあけろ、という天の声?(笑)

偶然にもピアスが手に入ってしまったことだし、死蔵しておくには勿体ない可愛いデザインだし、東京にはピアススタジオも多いみたいだし、冬のうちに開けてしまおうか???

今まで、開けようと思ったことは、一度もなかったのですが、ちょっと、いや、かなり迷ってます。まだ、ちょっと怖いけど。
[PR]
by yyunn | 2005-01-08 21:39 | 徒然なるままに

イヤイヤ

怪獣くんは、現在1歳8カ月。
そろそろ、何でも「イヤ!」というようになってまいりました。

私は、密かに、「魔の二歳児」というものを、かなり恐れていたのですが、いざ、彼が「イヤ!」を連発しはじめると、ちょっと拍子抜け。
もっと憎たらしい感じになるかと思いきや、全身で必死になって拒んでいる様子が、…なんとも笑える。そうかそうか、キミにも意志が芽生えてきたのか、などと密かに「かわいいねぇ」なんて笑いながら、相手をしております。

極めて一般的な「これと、これ、どっちがいい?」と選択させる方法も、まぁまぁですが、彼の場合、「~な人、手ぇあげて~!」と声をかけて、攪乱させる方法なども、案外効果的。
(例えば、「おむつを替えるよ~」と言って、「イヤ!」と逃げるときなど、「じゃぁ、おしりキレイにしたい人、手ぇ挙げて~!」と目先を変えると、突然、素直に手を挙げて近づいてくることがあり、そこを素早く確保するという時に使用)

もしくは、「ママはキミができるって、信じているよ~」などと言って、期待のまなざしを送るのも、時間はかかるものの、効果があるよう。最終的には、自分で期待されている行動を選択し、褒められて、自分でも満足げな表情をしたり。
(これは、例えば、「お風呂にミニカーを持ってはいる」と主張して聞かないときなど、「うちの怪獣くんは、とってもかしこいから、ここに自分で置いておけるよね~。ママ、できるまで待ってるからね~。きっとできると思うんだ。絶対できるよ。」などと言っているうちに、悩みに悩んで、持ってはいるのを諦め、吹っ切れたような顔つきで、自分で手放して、晴れ晴れと風呂に入ってくる、というときに使用)

まぁ、まだ、2歳にはなっていないわけだし、これから更にエスカレートしていっても、この余裕を失わないでいられるかは、謎ですけどね。
[PR]
by yyunn | 2005-01-08 21:29 | 怪獣くんの成長

プラレール

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、実家に帰省していたわけですが、帰った途端に、まず私が風邪でダウン。
胃腸に来る風邪で、熱は大したことはないものの、三日三晩、眠り姫?のように寝続け。
その後、私が持ってきた風邪は、実家で大流行。

4日後に母が、その後、妹→父→怪獣くん→祖母、とみんな全く同じ症状で寝込む羽目になり、予定していた夫の実家行きは、怪獣くんが吐きまくっていた日と重なってしまって残念ながら中止。
なんとも慌ただしい年末になってしまったのでした。

幸い?年末ギリギリに小児科に駆け込めたし、それぞれキレイに時期をずらして寝込んでいき、母と私は早期にどうにか快復したので、なんとか正月の飾りつけやおせち料理も作ることができ、一応、みんな元気になって(峠を越したばかりの病人はあるものの、寝込んで起きられないほどではなく)、お正月を迎えることができたのですが。

ところで、怪獣くんは、クリスマスプレゼントに、ミニカーの5台セットやプラレールの山手線などを貰って大喜び。
帰ってきた今も、一日中、車を並べたり、電車を走らせたり、両手に複数台、握りしめて部屋中を闊歩しております。

私は、プラレールのあの青いレールが、いまいち好きになれず、プラレール本体も、間違って踏んだらすぐ壊れそうだし、電池で動くよりも手で動かすものの方が長持ちしそうだと思って、出産祝いに従兄弟に木の列車とレールのセットを買って貰っていたので、怪獣くんが電車を見てエキサイトするのは知っていたものの、なかなか買うには至らず。
そんなわけで、プラレールより、まだエヌゲージの方が丈夫かな?それにしても、車種は?などど迷っていたところに、ついに、貰ってしまったわ、という気持ちもあったのですが、怪獣くんは、じっくり眺めては、にやにやしたり、電動で動く様子を見て、歓声をあげたり。
こんなに喜んでいるのだから、親の好みを主張するなんて、野暮なことですね。

で、青のレール、買わなきゃいけないかな、と思っていたのですが、昨日、偶然、家にある木製レール(一般的なブリオのではなく、グランパパなどで売っている安い方)の上を走らせたら…一応、走る。
トンネルと坂道のついた8の字型にくむと、電池のパワー不足で登れないけど、ふつうの楕円形に組めば大丈夫みたいなので、やったーと、私も怪獣くんも大喜び。
見るからに、車体の大きさが違うのに、車輪の幅はあってるなんて、ステキ。
まぁ、カーブレールが若干急すぎるのか、たまーに自然横転することもあるけど、さしあたっての必要は満たしている感じ。
もっと複雑な道を造りたくなる年齢まで、とりあえず、これでいこうと、がんがんオモチャが増える中で、母は思ったのでした。
[PR]
by yyunn | 2005-01-05 07:27 | 怪獣くんの成長