プラレール

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末年始、実家に帰省していたわけですが、帰った途端に、まず私が風邪でダウン。
胃腸に来る風邪で、熱は大したことはないものの、三日三晩、眠り姫?のように寝続け。
その後、私が持ってきた風邪は、実家で大流行。

4日後に母が、その後、妹→父→怪獣くん→祖母、とみんな全く同じ症状で寝込む羽目になり、予定していた夫の実家行きは、怪獣くんが吐きまくっていた日と重なってしまって残念ながら中止。
なんとも慌ただしい年末になってしまったのでした。

幸い?年末ギリギリに小児科に駆け込めたし、それぞれキレイに時期をずらして寝込んでいき、母と私は早期にどうにか快復したので、なんとか正月の飾りつけやおせち料理も作ることができ、一応、みんな元気になって(峠を越したばかりの病人はあるものの、寝込んで起きられないほどではなく)、お正月を迎えることができたのですが。

ところで、怪獣くんは、クリスマスプレゼントに、ミニカーの5台セットやプラレールの山手線などを貰って大喜び。
帰ってきた今も、一日中、車を並べたり、電車を走らせたり、両手に複数台、握りしめて部屋中を闊歩しております。

私は、プラレールのあの青いレールが、いまいち好きになれず、プラレール本体も、間違って踏んだらすぐ壊れそうだし、電池で動くよりも手で動かすものの方が長持ちしそうだと思って、出産祝いに従兄弟に木の列車とレールのセットを買って貰っていたので、怪獣くんが電車を見てエキサイトするのは知っていたものの、なかなか買うには至らず。
そんなわけで、プラレールより、まだエヌゲージの方が丈夫かな?それにしても、車種は?などど迷っていたところに、ついに、貰ってしまったわ、という気持ちもあったのですが、怪獣くんは、じっくり眺めては、にやにやしたり、電動で動く様子を見て、歓声をあげたり。
こんなに喜んでいるのだから、親の好みを主張するなんて、野暮なことですね。

で、青のレール、買わなきゃいけないかな、と思っていたのですが、昨日、偶然、家にある木製レール(一般的なブリオのではなく、グランパパなどで売っている安い方)の上を走らせたら…一応、走る。
トンネルと坂道のついた8の字型にくむと、電池のパワー不足で登れないけど、ふつうの楕円形に組めば大丈夫みたいなので、やったーと、私も怪獣くんも大喜び。
見るからに、車体の大きさが違うのに、車輪の幅はあってるなんて、ステキ。
まぁ、カーブレールが若干急すぎるのか、たまーに自然横転することもあるけど、さしあたっての必要は満たしている感じ。
もっと複雑な道を造りたくなる年齢まで、とりあえず、これでいこうと、がんがんオモチャが増える中で、母は思ったのでした。
[PR]
# by yyunn | 2005-01-05 07:27 | 怪獣くんの成長

年末年始

怪獣くんと私は、年末年始、帰省しますので、しばらく更新はお休みです。

みなさま、今年はどうもありがとう。
良いお年を!
[PR]
# by yyunn | 2004-12-22 00:05 | 季節もの

生協の講演会

先日、怪獣くんは、生協の託児デビューをした。

私の利用している生協の託児つきの講習会の託児は、1歳半からなので、怪獣くんが1歳半になった瞬間から、興味があって、かつ、行けそうな場所の講習会には申し込んできたのだが、なにぶんにも、生協の託児は人数が少ない。一回6人とか。
そんなわけで、「今回は残念ながら…」と抽選もれすること数回。

ならば、人気のなさそうな固めの内容の講習会ならどうだ?と思ったら、あっさりOKでした。
というか、託児を申し込んだ人、私だけで、怪獣くんは、託児ルームを独りじめ。
しかも、生協の託児は利用料無料で、得した気分。

怪獣くんは、友の会で託児慣れしているので、非常にご機嫌で、遊んでくれていたようです。
うーん、何かの時のためにも、日頃から、あちこちの託児に預けて、慣らしておくのは、お互いのためによいことかも。

ところで、平和学習会という名前でしたが、「安心のファシズム―支配されたがる人びと」を書いた斎藤 貴男の講演会で、非常に内容も興味深く、面白かったので、もっとたくさんの人が聞きに来れば良かったのに、と思いました。
なかなか斬新な切り口で、久々に大学時代の講義を懐かしく思い出す雰囲気でした。
機会があれば、本を読むなり、講演を聴きに行ってみてください。おすすめです。
[PR]
# by yyunn | 2004-12-18 16:25 | 怪獣くんの成長