休日をどうすごすか

子供が生まれるまでの、我々夫婦の週末といえば、美術館や博物館や演劇やコンサートや観光、もしくは、せいぜい散歩。そのころ、夫の休みが極度に少なかったこともあって、休日は、週に一度の食料品買い出しか、そういった外出で問題なく消化されていた。

が。
一歳児がいて、そして彼の幸せをかんがえると、外出って、結構難しい。
一番避けたいのは、怪獣くんが疲れてぐずりだし、そのおかげで親もしんどくなって、ぐったり。誰もハッピーでない、という事態。

そんなことを考えていると、我が家の週末は、最近、何だかマンネリ化。
キリスト教徒でもないので教会に行くわけでもなく、生協の個人宅配を利用しているので買い出しの必要があるわけでもなく、近所の公園やなんかに散歩に出たり、そこでピクニックをしたり、という程度。

そんなわけで、もともと家にいることが好きで、家の中にやるべきことが山積している私はともかく、非日常な休日を楽しみたい外出好きな夫は、退屈気味。
で、退屈している人が家の中にいると、なんか空気が重い(笑)
何か打開策はないものか?

そんなことを考えているとき、本屋でふらりと手に取ったのは、「アイランド・ワイズ―「島時間」で暮らす本」という、真っ白な装丁が美しい本。帯のコピーは「極上のシンプルライフ術 世界中の島のやり方が教える、島に引っ越さずに、シンプルで軽やかな暮らしを手に入れる法!」。
東京書籍って、教科書会社のイメージしかなかったのですが、こういう本も出していたのですね。

「“日”曜日をとり戻す」という一項に惹かれて読み始めたのですが、読んでいるだけで、のんびりバカンス気分を味わえて、なかなか良い感じ。現代社会で時間に追われている人間が、いかに日常に無頓着になっていることか。
ちょっとだけ、日曜日の過ごし方のヒントも得られたかも。
…打開策は、見つかっていませんけどね(^^;)

小さい子どもがいるおうちの休日、みなさんどうされているんでしょう?
もう少し大きくなったら、いろいろ楽しめそうな気もするのですが。
[PR]
by yyunn | 2004-10-09 15:32 | 本の話


<< お風呂セット 残酷、新司法試験 >>