2004年 04月 23日 ( 3 )

私にとってブログって

今週になって、うちのブログも訪問者が倍増している。やっぱり、これは魚へんにブルーさんのところのランキングから、あちこち辿っていった人が如何に多かったかということを物語っているように思う。かくいう私も、知らなかったブログに出会えて、大層楽しかった。だから、こういうう企画を、個人でやってくださったことに感謝している。


詳しい事情はよくわからないが、どうもかなりのバッシングに遭われたようで、なんとも気の毒だ。インターネット上に公開している限り、どのような形で訪問されるかなんてことは、コントロールできないのは当然のことだし、それこそが公開の醍醐味だと私は思うけれど、そうは考えなかった人もいるということか。


私にとって、ブログは、「表現」などといった大層なものではなく、「日記」といった個人的なものでもなく、いわば一種の「世間話」。こんなもの見つけた~とか、最近これにはまってる~とか、こんなことがあった~とか感じた~とか、テーマのあるホームページでは書かないような、日常のささやかなことが書けて、他の人の反応も容易にダイレクトに返ってくる、今までにないメディア。


例えば、「今日は天気がいいね」っていうような何気ない会話をする相手が欲しいと思うように、人間には、日常のヒトコマを、誰かと共有したい欲求があるのだと思う。だから、こんなに爆発的にブログが増えているんじゃないかな。(個人的には、テーマを持って表現するならホームページの方が適していると思う。で、表現したいという人より共有したいという人の方が多いと思うから、ブログはまだまだ人気が出ると思う。)


エキサイトブログは、設置者がトラックバックやコメントを一元的に管理しづらい構造なので、目をサラのようにしてすべてを確認して返事をつける根性も時間もないうちの場合は、早々に積極的なコミュニケーションをあきらめ、一方的に発信することが多くて、多少後ろめたくもあるけれど、それでも、「誰か」が読んでくれるだろう事を想定して書いてはいる。一時、レスをつけないのは失礼かも…とか、訪問者とのコミュニケーションを拒否する意図はないんだけれども…とか、悩んだりしたこともあったけれど、まぁ「世間話」っていうのは、案外、一方的なものかも。
[PR]
by yyunn | 2004-04-23 18:04 | 徒然なるままに

初誕生

今日は、怪獣くんの誕生日。一歳おめでとう。
っていうか、自分で言うけど、私も、おめでとう。去年の今日は、そりゃ大変だったさ。本気で「あ~私はこのまま死ぬのかなぁ…」と思うくらい。

まぁ、それも、もはや、過去のこと。この一年、私も頑張って育てたけど、それ以上に、怪獣くんは、ひとりでにすくすく成長し、無事一歳まで大きくなったって感じ。
妊娠中も、勝手に人の身体から養分を吸い取って成長していたけれど、なんだか生命の神秘というか、育とうという力のもの凄さみたいなものを考えずにはいられません。同時に、いろいろな人の助けがあったことはもちろんで、人間が成長するには、たくさんの人手がひつようなんだなぁ、ということも、しみじみ感じ、誕生日という日は、一年を振り返ることのできる、非常にありがたい日ですね。

去年、みんなをはらはらさせつつも予定日ピッタリに生まれてきた、律儀な怪獣くんは、今年、一歳ちょうどで、突如として、がんがん歩きはじめました。相変わらず、標準なヤツ。きのう、少しだけ月齢が高い子たちと一緒にいたから、「お、歩かなきゃ」と急に気づいたよう。

今後も、一歳になった怪獣くんと、母になって一年の飼育係を、よろしくお願いします。
[PR]
by yyunn | 2004-04-23 14:46 | 怪獣くんの成長

火の鳥

以前はBSでやっていたらしい(うちは、BS契約していないから見られなかった)。今はNHK総合で、手塚治虫原作の「火の鳥」がアニメ化されて、毎週日曜19:30から放送されていて、アニメ好きの私は、欠かさず見ている。キャラクターも映像も美しく仕上がっており、脚本も原作の主題を壊さない程度にコンパクトにまとめられていて、主題歌も耳に残るメロディーで、よくあっており、全体としてなかなかいい出来だと私は思う。


で、やっぱり原作が読みたくなってしまって、全巻セット、買ってしまった。現在、7巻まで読んだ。あぁ…ただでさえ、無い時間が、こうしてまた消えていく…。漫画を読む時間は、ひねりだせるのだから、ホントに時間って、作れるものだよなぁ。もっと建設的に使いたいものですが。でも、原作も、とってもよいですよ。アニメとは、多少ギャップがありますが(リアルタイムで読まない漫画は、時代を共有していないために、ギャグがわからないことがあったり…)。


ちなみに、全巻セットは、何社かから出ています。一番安いのは、 角川文庫の全13巻セットで、7815円。絵や字が多少小さいのを我慢すれば、十分楽しめます。こだわりたい方は、朝日ソノラマが出している、ケース入り全巻特別セット11097円や、講談社の手塚治虫漫画全集火の鳥17巻セット10134円などもありますよ。ぜひ、読んでみて下さい。アニメも、とてもよいです。大人も子供も楽しめる上質な仕上がりですので、一緒に見ましょう。今度の日曜。
[PR]
by yyunn | 2004-04-23 01:31 | 本の話